日々感謝。1200kmのへんろ道。【6日目:18番恩山寺〜20番鶴林寺】

お 遍 路

2020.10.25(日)

歩き人たかちです。

今日は、28km歩いたあとに20番「鶴林寺」の山越え「一に焼山、二にお鶴、三に太龍」の2番目の難所です。焼山寺程ではありませんが、標高差500m近く登ります。歩き始めて6日目。進むにつれ、お遍路さんや地元の方々との交流も増えてきました。

20番鶴林寺~21番太龍寺の間に宿はありません。宿泊まり場合は鶴林寺の手前で宿泊し、鶴林寺と太龍寺を一気に越える形になると思います。野宿の場合は鶴林寺を下山したところにある「大井小学校跡」にテントを張れるので、今日はそこを目指します。

ひたすら国道55号。「18番恩山寺」

*大鶴旅館~18番恩山寺:11km*

毎日死んだように寝ています。1分くらいしか寝ていないのでは…という程一瞬で朝を迎える。

6時過ぎに玄関前に行き、女将さんにご挨拶。「これ良かったら持って行って」と、缶コーヒーと5個入りのミルクパンをくださいました。生まれたての朝日を浴びながら、6時半頃出発。

国道に出ると、かわいいお遍路くんのイラスト付へんろ石。恩山寺1.5km程手前まで国道55号をひたすら歩きます。後に、高知県で果てしなく歩くことになる国道です。

今日も太陽に向かって。太陽が出るとすぐに暑くなります。少しでも建物の日陰に…と左車線を歩いていましたが、途中の休憩所は右車線にありました。中にはお坊さん2人が休憩中(18番でお会いしたら、お坊さんと尼さんのご夫婦でした。)反対車線から会釈をして先へ進むも、歩くのが早くてすぐに抜かされました。

景色が変わらない国道をひたすら歩き続け、恩山寺1.5km程手前でようやく55号から離れました。

歩いていると「恩山寺1.4km」のシール。しかし、そのすぐ前に「恩山寺700m」の看板。全然違う…。へんろ道上では、地図、シール、へんろ石の距離が結構バラバラです。どれが一番正しいかは場所によるので、シールは信用ならんとか、へんろ石だめじゃんとか一概に言えません。結局Googleで確かめることもしばしば。

「源義経上陸の地」のようです。

山に近づき、まもなく到着。

バス停「恩山寺前」から登って行きます。ちょっと登るだけなのに汗が出ます。(標高差50mくらい)

【 18番 恩山寺 】

本尊:薬師如来
宗派:高野山真言宗
開基:行基(創建:天平年間)

当時は女人禁制の道場でした。修行中に弘法大師の母「玉依御前」が故郷の讃岐より訪ねてきたとき、女人禁制を解くべく、山門近くの滝に打たれ秘法を修めたました。母を迎えることができた大師は木を植えますが、それが山門近くの「びらんの木」といわれています。母は出家し、その髪を奉納し「母養山恩山寺」と改名大師の母に対する思いが詰まった親孝行のお寺です。

参照:四国お遍路88ヶ所歴史読本
著者:株式会社エディスタ

荷物をベンチに置いて本堂へ。

本堂

日曜日なので、平日に比べると人が多め。休憩所にいたお坊さんと尼さんもお参り中でした。般若心教が本格的でとても格好良かったです。

本堂へはこの階段を登ります。

大師堂

木陰が涼しく、すっきりした空気のお寺。旅館でいただいたミルクパンで休憩。

大師堂の右手にある建物が、弘法大師の母である玉依御前を祀る小堂です。大師堂に並んで建ててあり、母子の仲睦まじい感じが漂います。大きくなった大師が母を守っているようで、温かいです。

*恩山寺の摺袈裟*

恩山寺には、「摺袈裟」というここにしかない最強のお守りがあるとお聞きしました。通常は1年ごとにお守りを交換しますが、摺袈裟は一生使えるとのことです。

普段お守りは買わないので、ここでも購入していませんが、この摺袈裟は日本全国でも恩山寺だけで手に入れることができる貴重なものだそうです。

ここから車道を下り、ちょっとだけ山道の続きを歩いて立江寺へ向かいます。

寺市の賑わい。19番「立江寺」

*19番立江寺まで4km*

来た道は戻らず車道を下っていくと、山へ入るへんろ道がありました。

食べたいが重い。

牛舎があった。牛におはようー。

舗装道を真っ直ぐかと思いきや、90度に曲がります。

「新しい自分に出合うため」に気を引かれて気が付きませんでしたが、ザックの部分に「この中にパンフレット入っています」と書いてあります。何のパンフレットだったのか。

涼しーーー竹林です。山登りだと竹林ロードがあまりないので、街道や古道を歩いているなーと感じます。空気もですが、竹の色は爽やかな気分になります。

緩やかに登り、すぐに平坦、そして下りになります。

竹林を抜けると長閑な田舎道。

小径に入りつつ。

2km程歩くと、へんろ小屋「京塚庵」がありました。ここは、屋根のデザインが「合唱」ということで有名です。

しっかり合唱していました。宿泊禁止の記載はありませんでしたが、お手洗いはありません。

一人用のテントもちょっと厳しいかなという広さ。

ここから立江寺は1kmほどなのでそのまま進みます。

朱色がシャキッとしている「しらさぎ橋」。ここを渡ると立江寺に到着です。

しらさぎ橋は「悪人が渡ろうとすると、しらさぎが舞い降りてきて足が動かなくなる」という言い伝えがあります。

初めからしらさぎがいる場合はどうなるのか、なんて捻くれたことを考えながら渡ります。

【 19番 立江寺 】

本尊
:延命地蔵菩薩

宗派:高野山真言宗
開基:行基(創建747年)

四国4県には一つずつ「関所寺」があり、そこで巡拝者は弘法大師の審判を受け、邪心のある者や罪人は先に進めません。立江寺は四国の総関所ともされています。実際、江戸時代にここで咎を受けたお京という女がいました。夫を殺して男と逃げてきて、立江寺に参った際にお京の髪が逆立ち、寺の鐘の尾に巻き付いたと伝えられています。懺悔したところ髪の毛は剥がれ、命は助かりました。髪が絡みついた鐘の緒は「黒髪堂」に安置され、見ることができます。

参照:四国お遍路88ヶ所歴史読本
著者:株式会社エディスタ

何やらお寺が賑わっている…と思ったら「寺市」が開催されていました。

山門を入るなり、甘酒、珈琲、豚まん、パン、盆栽…。いろいろなお店が並んでいました。奥の建物には人がわんさか出たり入ったり。

コロナに関係なくお寺に訪れる人が少なくなり、活気をを取り戻すためにハンドメイド作家や職人さんを呼んで寺市を開催しているとのこと。

お寺は賑わい、作家さんたちは出店の場が増えてwin-winですね。

本堂

大師堂

人が多くて休む雰囲気ではなかったので、お参りをして退散。豚まんちょっと気になったけど…。近所のお寺で催しものがあるのはちょっと楽しそうですね。

しかし、後で知る「黒髪堂」を見てみたかったーと後悔しました。(上記お寺紹介参照)

お寺の外にある酒井軒本舗の「立江餅」も有名のようです。お餅…と横目でスルー。鶴林寺へ。

ほぼ階段。「20番鶴林寺」

*20番鶴林寺まで13.1km*

しらさぎ橋を再び渡り、県道28号を歩きます。

綺麗だ。

途中に「こはくの天使」という自家焙煎珈琲のお店がありました。「ここにしかない」という珈琲屋さんって本当に惹かれます。駅前とか繁華街とかではなく、ここ。長閑なここ!

しかし今日はまだ13km残っているのと、鶴林寺手前の道の駅で休憩予定なので渋々スルー。珈琲休憩すると動けなくなるのもよくない。

後でHPを見てみたらハンバーガーとかビーフシチューもあってすごく美味しそうでした。後で知ることが多すぎる…。気になったらその場で調べた方がいいですね。

自家焙煎コーヒー豆の販売&カフェ 『こはくの天使』
小松島にあるカフェ、こはくの天使です。コンセプトはシンプルに、『焙煎したての美味しいコーヒーと美味しい料理を提供すること』看板メニューは『元祖徳島バーガー』です。セルフ焙煎はじめました。

飛び出してもいいですか?と言わんばかりの巨木たち。

地元のおじいちゃんに「はーい、頑張ってね〜」と見送られ、ランニング中のおじさんには「おう!今日は鶴林寺まで行くの?泊まるとこあるの?」と心配され。「おーテントかあ〜頑張って!」とお別れ。鶴林寺を登り出すとその先は宿がないので、これから鶴林寺というとみなさん心配してくれます。

*法泉寺の善根宿「寿康康寿庵」*

法泉寺のバス停に、善根宿「寿康康寿庵」の大きな案内版があり、電話番号が書かれていました。

法泉寺の住職さんが管理されている、お遍路さんには有名な善根宿です。水、トイレ、電気の揃った快適空間とのこと。

どこにあるんだろーと思っていましたが、バス停手前のプレハブ小屋のような建物だったようで。私は完全にスルーしていました。

コロナで今現在も宿泊できるかは不明ですが、法泉寺に問い合わせればいいと思います。

県道28号から22号に移ると歩道がなくなりました。ゆるやかに登って行きます。

ピークを越えて下りになり、今度は県道16号。

しばらく勝浦川を見ながら黙々と歩きます。

勝浦町に入り、お店もちらちら出てきました。

青果店。気軽に買える感じではなかった。

「阿波地美獲あおき」*

ジビエのお食事処を発見。外観からして美味しそうです。HPを見ても美味しそうでした。

季節のジビエ料理をいただけます。カフェもあるので気軽に利用できます。鹿肉カレーライスに鹿肉丼に…。大学生の頃初めて鹿肉を食べましたが、クセがなく美味しいです。

そして、ここにはお遍路さんの休憩所があります!

見えにくいですが、写真の右端「やすんでいかんで」という暖簾の場所が休憩所。中のベンチで休めるそうです。もちろん、そんなことはつゆ知らず先へ進みましたが…。

営業時間内だったし、ここでお昼でも良かったな。気になった場所は覗くだけでもいいから寄ってみた方がいいです。きっと何かあります。

阿波地美獲 あわジビエ あおき
夏期の鮎料理、冬期の猪ぼたん鍋をはじめ、鹿肉、鴨肉をつかった阿波のジビエ料理を大自然の中でお楽しみいただけます。

道の駅の1km切ったところで、後ろから何やら叫び声が聞こえました。何か叫んでるなーと思い歩いていると、さらに声が大きくなって

「待って~!」

ん?と振り返ると、両手にみかんを持った女性が走ってきました。

「これ、良かったら!ちょっとすっぱいかもしれないけど。」と、みかんを5個いただきました。「道の駅あとちょっとだから、頑張って!」と言って走り去りました。

女性はどこから来たのか?姿を見て家から出てきたのか?わざわざ走ってきてくださって。暑くてジュースでも買おうと思っていたので、みかんが本当に嬉しかったです。道の駅に着いたら食べようと、元気が出ました。

歩き出すと、今度は前から走ってきた車が目の前で停まりました。中から白衣を着た男性のお遍路さんが出てきて「立江寺はこちらであっていますか?」と。逆打ちの車お遍路さんです。

「梨をね、さっき道の駅で買ったんですけど、良かったら持って行きませんか?高知の梨なんだけど」と、「にいかた」という梨をくださいました。「これで小ぶりなんだって」と渡されましたが、普通に大きい。

後にスーパーで見ましたが、この梨かなり大きいです。1個500~600円程していました。小ぶりでも400〜500円。

「鶴林寺、結構登ったから気を付けてね!」とお別れ。

ザックが重くなったとわかるほどずっしりとした梨です。ありがたい重み。

まもなく、道の駅「ひなの里かつうら」に着きました。

暑くて、ここまでの行程で背中が汗だく。足を開放しながらとりあえず先ほどのみかんと、昨日買ったおにぎりを頬張って喉を潤し腹ごしらえ。

今日の夜と、明日の朝ごはんを買います。道の駅は大きくて、野菜もたくさん売られていました。

外のベンチには野宿スタイルのザックが2つ。お、仲間がいるようだ!と嬉しくなりましたが人はいない。

別のベンチにザックを置いて中へ入ろうとすると、2人組の女性に話しかけれました。

*「あらー、歩きでお遍路?通しで歩いてるの?どこから来たの?」

*「はい、通しです。東京です。」
*「えー!東京!そんな遠くから~ちょっとお接待させてよ~!」

お二人は徳島の方で、「中で何か買わせて!」と頑なに言われたので「ゆうこドリンク」というジュースをいただきました。

「ゆうこ」とか「ゆっこ」とか地元の方は言っていましたが、すだちのような柑橘系の果物です。さっぱりとしていて暑い日にぴったり。

短時間の間にたくさんの人にお会いしたな~と感謝でいっぱい。さて、行きますか~とザックを整理していると「こんにちは~!」とまた。

30代前半くらいのカップルの方。先ほどの野宿ザックはこの方々のものでした。歩き、しかも野宿スタイルの私を見かけて声をかけてくださいました。

お二人は逆打ちのお遍路さんなんとすでに3ヵ月も四国にいると!途中、男性が足の怪我をして病院に通っていたそうですが、へんろ道から外れてキャンプをしたり、観光したりしていたら3ヵ月経っちゃったと。「俺らより遅いお遍路さん絶対いないよね!」と笑い飛ばしている姿がとても魅力的でした。

少しでも気になった場所、もの、ことには触れる。本来の旅の仕方を存分に味わっていて、すごく清々しい笑顔。話していて、とても気持ちのいい方々でした。(後の宿で知りましたが、男性の方は自転車で世界一周をしたとか…通りで!)

自分と同じく、会社を退職して自由な時間を楽しんでいるとのこと。歳が近く同じ境遇のお遍路さんで、親近感があって楽しかったです。

お二人はこれから向かう「焼山寺」の情報を集めているとのこと。私は鶴林寺や小学校での野宿について情報交換。リアルタイムで歩いている方の情報が一番役立ちます。旅してるな~とここでようやく実感した気がします。

逆打ちだともうすぐ終わりです。どうか無事に結願できますようにと、祈る気持ちで鶴林寺へ向かいました。

はじめは民家の間を1km程登り、だんだん山の中へ。登るにつれて傾斜は急になり、私は山道よりもこちらの方が辛かったです。

途中には茅葺屋根のへんろ小屋簡易トイレもありました。

お助けの杖も。

アスファルトが続きます。

ようやく山道に入りましたが、舗装道が続きます。ここから鶴林寺まで1.6km。

階段がすぐに始まりましたが、端にはアスファルト。微妙なアスファルトですが、段差回避にはなります。

鶴林寺は最後までほとんど階段でした。段差の低い階段なので、歩きやすかったです。道も綺麗に整備されています。

途中で展望箇所がありました。これから下る集落と太龍寺方面の山。「那賀川」の蛇行が雄大です。山と川を中心とした生活。自然に対してローインパクトで暮らすには、このくらいじゃないとと思う、里山の風景。

最後は石畳みでした。(上から)

着いたー。

【 20番 鶴林寺 】

本尊:地蔵菩薩
宗派
:高野山真言宗
開基
:弘法大師(創建798年)

お寺は標高500mに建ち、「一に焼山、二にお鶴、三に太龍」と言われる2番目の難所。大師がここで修行中、2羽の鶴が杉の木立に舞い降りました。よく見ると、小さな黄金の地蔵菩薩を守っていました。鶴が舞い降りたとされる杉は今も本堂横に立っていて、本堂前には一対の鶴の像があり、本堂を守っています。天正の兵火を逃れたため、貴重な遺物が伝わります。

参照:四国お遍路88ヶ所歴史読本
著者:株式会社エディスタ

立派な杉を見ていると、お掃除の方に笑顔で「お疲れ様です。」と。疲れがスッと消えますね。

ベンチに荷物を置き、本堂へ。

本堂

鶴が見守っています。

山門もそうですが、なんだか年季の入った貫禄ある感じ。他のお寺よりも渋さを感じます。

汗だくで火照った身体が、山の空気で一気に冷やされます。呼吸のリズムに合わせて、頭の中を整えます。今日はたくさんの方にお会いしました。たくさんのお接待をいただきました。感謝を告げながら手を合わせます。

大師堂には団体さんが。

あ…と思いましたが、納経所は2人態勢だったので、すぐに御朱印をいただけました。

鶴に見守られた優しい空気のお寺でした。同じ山の上でも、焼山寺とはまた違います。鶴林寺の付近一帯は自然公園になっています。

はじめての野宿。「大井小学校跡」

*大井小学校まで2.2km*

案内板と道標があるので、それに従います。

下山も登り同様、ほぼ階段です。膝に応えるような階段が続くので、下りで膝痛が出る場合は杖があった方がいいです。登山口前に置いてある杖は、下山終了地点の回収箱に置いていけるので、気軽に借りられます。

鶴林寺を出たのは14時40分頃。さすがにこの時間から登ってくる人はいなかったので、静かな下山。

大井休憩所800m。

杖置き場。

一度車道に出て、またすぐに山道へ。

車道から「トイレ」という看板が続いていて、どこにあるんだ?と思っていたら、これは大井小学校のトイレ案内でした。今すぐトイレに行きたい!っていう人が見たら、どこにあんの!?って焦りそう。

「トイレ」と「21番」の案内。「トイレ」に従うと小学校、「21番」の方に行くと太龍寺へ向かう道に出ます。

校庭の反対側から入ります。

15時15分到着。

ガラーン…と誰もいません。小学校跡にテント泊は初めて。ネットでは「ホラーだ!」という方もいましたが…。

秋は、15時を過ぎるともう夕方です。先にテントを張ります。グラウンドは汚れの処理が面倒なので、コンクリートの上に。雨予報ではないですが、念のため屋根の下に張りました。

今のところは私1人。水道の近くに張っちゃえ。初めは階段を上がったドアの前の方が暖かそうだと思いましたが、なんとなくやめました。

と、そこに一台の車が乗りこんできました。

え…なになに…と若干恐怖を感じましたが、中から出てきたのはお父さんと小学生の息子さん。校庭でテニスをしたり、キャッチボールをしたり、遊びに来たようです。

日が暮れる前に夜ごはんを食べてしまおうと、親子を見ながら今日いただいた梨と道の駅で買ったごはん類をパクパク。

梨は一人で食べるにはお腹が膨れるほど瑞々しくて、甘くてめちゃめちゃ美味しかったです。「新高梨」おすすめです。

トイレは校舎の隣にありました。この小学校跡は住民の方に結構利用されるようです。お遍路さんの一夜しのぎも黙認されています。ただし、教室内への立ち入り、火器の使用は禁止。ゴミは持ち帰ること。木造の建物なので、家事になったら大変です。

トイレは、ゲートボールをされる方々が清掃を行ってくださっていて、非常に綺麗でした。石鹸も置かれていてありがたい限りです。手前の方しか見ていませんが、和式です。

外で十分遊んだ親子が、帰り際に
「あの~今日、ここで寝るんですか?」
と。
「あ、はい。一晩お借りします。」
と答えると
「え~ここで寝るのか~すごいなあ、頑張ってください。」
とれました。

3,4年生くらいの息子さんにも「頑張ってください☆」とヒーローのような力強いガッツポーズをいただいて、明日の活力になりました。

テントの中に入ると17時過ぎに人が来ました。どうやらお遍路さんのようで、挨拶しようと顔を出すと、今日何度もお会いしたお坊さんと尼さんのご夫婦でした。

「あー!やっぱり!テント装備だからここかなーと思っていたんです。わー良かったー!」と尼さんが。私も女性と一緒となると心強い。

お坊さんは旦那さんということをここで知りました。お二人は鹿児島のお寺の方。荷物が小さいなと思ったら、寝袋のみでした。マットなしという強者…。やはり、修行が強くさせるのでしょうか…。

てっきりお寺に泊まっているのかと思いきや、ほぼ野宿。たまーに安宿に泊まるそうですが、本当に数えるほどとのこと。一日40km前後歩いているので、ペースもとても速いです。

栄えている場所では野宿場所の確保が難しいですが、徳島市内でも野宿をしたということで…すごいなー。

お二人は、私のテント横の階段を上がって、扉の前にある簀の子の上で寝ていました。そこにテント張らなくて良かった。明日は23番薬王寺まで行くということで、着くなりすぐに寝る態勢に。

尼さんがとても明るい方で、話していて楽しかったのですが、明日も40km超えとなるとお会いするのは今日で最後かなと…残念。

カップルの方が「謎の獣の声が一晩中していました」と仰っていましたが、鹿でした。怪談噺のような音も何もなく、自然音に溢れた寝心地の良い場所でした。朝晩は結構冷えます。

今日は本当に楽しくて、これからの活力をたくさんいただきました。やはり旅は交流が醍醐味です。明日は、太龍寺を目指してまた500m程登って行きます。

★本日の歩行距離:30.3km

★累計:135km

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ
にほんブログ村

よろしければ、応援よろしくお願い致します。

コメント

Copied title and URL