日々感謝。1200kmのへんろ道。【48日目:高野山参詣道「町石道」】

お 遍 路

2020.12.6(日)
和歌山県高野山 晴れ☀ 11/-2℃

歩き人たかちです。

今日は、高野山の参詣道の一つである「町石道」を歩いて高野山へと向かいます。高野山の参詣道は7本ほどありますが、空海が切り開き、最も使われた主要道が「町石道」。沿道には一町109mの町石が建てられています。

慈尊院~根本大塔(金剛峯寺の壇上伽藍)まで180基、そこから奥の院の弘法大師御廟まで36基の町石があります。慈尊院~大門まで約19km、大門~奥の院まで約4km、標高差は約700m、全体の所要時間は7~8時間。町石道のマップは玉川亭のご主人からいただきました。

帰りにいただいたものですが、高野山駅には大きめのマップが置いてありました。町石道以外の参詣道のマップもありました。昭文社の登山地図に全て載っていますが、これら絵地図のものが見やすく、わかりやすいです。

高野山奥の院では「生身苦」というものが行われています。お大師さまは奥の院で今も修行を続けているとされ、朝の6時と10時半にお大師さまのごはんが運ばれます。

それを見るために今日は奥の院へ行かず「恵光院」でストップ。本当は八十窪で紹介していただいた「天徳院」に泊まりたかったのですが、電話をしたときは既に満室でした。

出発の場所「慈尊院」へ

*玉川亭~慈尊院:1.7km*

5時40分起床。のそのそ起き出しコタツで朝ごはん。朝ごはんはセルフとなっていて、パン、サラダ、ゆで卵、ヨーグルト、珈琲が用意されています。

ウサギのげんじろうに別れを告げて出発。「夜行性なのでうるさいと思います。」と宿の方に言われましたが、その通り元気に動き回っていました。

真田ミュージアムや道の駅の前を通り、慈尊院へ向かいます。

自尊院は世界遺産。立派なお寺ですが、四国88ヶ所とはどこか雰囲気が違う…。白衣や菅笠のお遍路さんがいないのか。町石道のハイカーの人たちがちらほら。

鳥居へと続く階段を上がります。ここもまた世界遺産の「丹生官省符神社」

この神社の右手に町石道が続いています。

いざ、高野山へ!

町石を数えながら

*慈尊院~二ツ鳥居:6.6km*

林道を歩いていきます。

お遍路シール発見!町石道にもあるのですね。ちょっと嬉しい。

それよりも、慈尊院にて180町の町石を見るのを忘れました…

道は歩きやすく、とても綺麗です。日曜日ですが、そこまでハイカーは多くなく、快適。

「熊出没注意」によって和歌山だな~と思う。鈴は持って来なかった。そういうときは、笛や手で適度に音を出します。

初めの方はアスファルトをぐーっと登って行きます。途中には展望台があり、九度山の景色を一望。

みかん、100円…食べたい。けど思い…諦め。

九度山の景色が終わると山の中へと入り込みます。

ゆったりと登っていきます。

「接待場」に到着。ここには弘法大師の石像があります。この石像を拝むと「遠く高野山奥の院御廟を臨む」と言われているそうです。

天気がよくて非常に気持ちが良いです。道の雰囲気は変わらずですが、初冬のハイキングとして実によい。夏場は「暑い・・・」を連発しそうですが、今の時季は最高です。

ちょっとした階段の道を上がって行くと、整備をされているグループのような方々がいらっしゃって、この先の「丹生都比売神社(にうつひめ)」のことを聞きました。「時間があったら寄ってみな〜。」と言われましたが、そこへ行くにはちょっと遠回り。結局寄りませんでした・・・

神社に寄る場合、六本杉の場所で道を逸れて二つ鳥居でまた町石道と合流しますが、二つ鳥居が神社境内の鳥居となっています。高野山参拝前に寄るのが本来の習慣とのこと。

この神社もまた世界遺産であり、町石道には世界遺産の神社が3つもあります。

景色は変わりませんが、針葉樹と広葉樹を交互に見ながら歩くのがとても楽しい。ここ2日間大した距離を歩かなかったせいか、高野山が楽しみなのか、冬の低山ハイクが最高な時季に入ったからか。全部か。

長い距離で少しずつ登って行くので、道自体は緩やか。「古峠」を越えて少し歩くと東屋がありました。展望もいいので、ここで昨日買ったおにぎりを。

すっきりと晴れてくれて感謝。相変わらずハイカーはちらほら会う程度。トレランをしている人たちが多かったです。走りやすくていいルートだと思います。

この少し先に「二つ鳥居」があります。これは、819年に弘法大師によって建立された鳥居。当時は木製でしたが、1649年に今の鳥居になりました。

おにぎりのエネルギーで再び歩いていきます。

やきもちを目指して

*二つ鳥居~矢立茶屋:6.8km*

町石も新しいもの、古いものが混ざっています。二つ鳥居まで標高を上げてきましたが「矢立」までは緩やかに下って行きます。

今までずっとお遍路さんとともに歩いてきましたが、一人も見かけません。山のハイカーばかりでちょっと寂しい。50日近く、四国の優しさに包まれ過ぎました。「一人ではない」という意識が四国を出て少し薄くなったような。「みんな無事に結願したかな~」と考えながら。

「ご苦労様」「頑張って」という挨拶から、登山と同じいつも通りの「こんにちは」という挨拶に変わっていました。

今日も明日も明後日も、四国では脈々と文化が受け継がれている。四国に魅了された人たちもそれを伝え、しかもそれが自然に行われている。ゴールを切りたくなくて歩き続ける人もいる。いつも通りの山登りの感覚になった途端、お遍路に対して様々な思いが蘇ってきました。

「白蛇の岩と鳥居」

石の前の鳥居には、小石が積まれている。

弘法大師に関するこういったものも、道中いくつかあります。

お、視界が開けた!と思ったらゴルフ場でした。

そこを過ぎると「神田」という集落に出ました。とても長閑。

木漏れ日が美しい。

落ち葉もふかふか〜。

矢立に近づくと、車の音が聴こえるようになりました。

このお地蔵様すごく良い顔。可愛いというか美人。目を閉じてにっこり。

岩と苔に溶け込んでいる感じも素敵です。

車道に出ると「矢立茶屋」がありました。ここの名物は“やきもち”

しかし、コロナの関係で持ち帰り用の販売のみでした。以前は焼きたてを食べることができたので「ぜひ食べて!」と知り合いに勧められていたので残念。焼きたて食べたかった〜!

一つ買って外のベンチでいただきました。薄いお餅の中に薄くあんこ。癖になる感じの優しい味で美味しかったです。高野山でも販売されていました。

へんろシールがペタペタ。

ここからまた登って行きます。

清浄結界を経て大門へ

*矢立茶屋~大門:5.8km*

10分くらい歩くと「袈裟掛石」がありました。この石からは「清浄結界」になります。また、この石をくぐると長生きするとのこと。ザックを置けばくぐれそうです。

清浄結界という言葉を見てしまったからか、空気がさらにひんやりしだしたような…雰囲気が厳かになったのは気のせいか、気のせいでもいいか。高野山へと近づいているような気がして気分が上がります。

ここにも弘法大師のすごい伝説。

町石の数字もかなり減りました。

一度車道を横切り再び山道。

木の根元にお地蔵様がいっぱい。

よく見ると…んん??

こんなところにもいた!道隆寺参拝記念の子!

仲間がたくさんいて幸せそうに笑っています。海を渡ってこんなところにまで来ていました。

すぐ近くに東屋がありました。大門までもうすぐです。

朝、トレランで通り過ぎて行った人たちが戻って来ました。往復40km程。トレランの人にはちょうどいい距離のようです。

「鏡石」。これ?でいいのか?

川沿いでマイナスイオンをたっぷり浴びます。

とても緩やかに登ってきましたが、十二町を過ぎてからラストスパート!という感じで登って行きます。

急傾斜お得意の階段。

車道の方から声が聴こえてきます。ここを登り切れば大門。

そして…

到着!!!

でかーい!!!

ちょっと待って、本当に大きい。大門ってこんなに大きいものだったのですね。圧倒されました。びっくりした。青空に朱色が映えます。

周囲の人も「おお~!!!」という感じで歓声を上げています。でもやっぱりお遍路さんがいないなあ。

初の高野山。聖域に入ります。

広いのね、高野山

*大門~恵光院:2km*

高野山の第一印象は「街だ」ということ。

大門の中に広がる街。お寺が点在していて、なんだかテーマパークのようで不思議。街にお寺があるというよりは、お寺の中に街があるような。善通寺をめっちゃ大きくしたような。

お店もあるし、民家もあるし、学校もある。山上の街。

お寺は明日ゆっくり見るとして、恵光院の前にある「光海珈琲」を目指しました。

光海珈琲では、珈琲の中にたまごの黄身が入っているという「たまご珈琲」が名物。高野山を調べていた時に出てきて楽しみにしていました。

しかし、お腹が空き過ぎて頭の中は看板にある「精進カレー」でいっぱいに。

店内はこじんまりした感じ。みんなカレーを食べていて、脳内は完全にカレー。たまご珈琲のことは忘れ、カレーとセットで普通の珈琲を頼んでいました。

精進カレーは野菜中心のカレー。とても美味しかったです。登山後のカレーはやっぱりいいなあ。

そして、食べ終えて珈琲をだしていただいたとき、他のお客さんが「たまご珈琲」を注文しているのを聞いて、思い出しました。

あ、忘れてた…

珈琲の中から黄身をすくって物珍しく写真を撮るみなさん…。珈琲と黄身の相性はとてもいいようで、混ぜて飲むとまろやかなカフェオレのような味になるようです。

悔しい。次高野山に来た時の楽しみにしておきます。「チョコバナナ高野山カカオのせ」も気になるし…よし、次回。

お客さんが少ないときは15時でcloseすることもあるそうです。

お店のお手洗いには、経営までの経緯が記された紙が貼ってありました。HPにも記載があります。車での事故の際、お大師さまが助けてくださったと感じた女性が1人で経営されています。

注文時に「お大師さまにお会いしてきたんですか?」と聞かれました。その意味が、お遍路を歩いたということなのか、奥の院へ行ってきたということなのかわからず「お遍路を歩いてきました。奥の院へは明日行きます。」と答えました。

すると「お会いしたんですね。そのピンバッジ室戸ですね。まだ室戸には行ったことがないので羨ましいです。」と。どうやら"お遍路を回った"という意味だったらしい。

興味があれば、ぜひたまご珈琲を!

*光海珈琲*

高野山奥之院に近い古民家カフェ|光海珈琲
「光海珈琲」は20席の小ぢんまりした店内で大きな窓からは高野山の四季を感じる事ができます。提供するコーヒーはオリジナル焙煎。番茶にもこだわりがあり、各地で出会いが会った方々が丹念に作ってくださるものを、高野山のわき水をつかいご提供いたしております。

大きな宿坊「恵光院」

今日の宿「恵光院」は目の前。

初めにこのお部屋で説明を受けました。宿坊の施設や朝のお勤めのスケジュールなどが話されます。

PCもあります。

デロンギまである。

お土産というか、グッズもいくつかありましたが、Tシャツが凄かった・・・訪日の方に人気がありそうなデザイン。

宿坊はとても広いです。庭を見ながらゆったり触れるソファもありました。

廊下も長い。

今回泊まった部屋の前の庭。

コロナ対策で換気をしているのか、夜になっても廊下の戸は開けられたままで、トイレに行くのがめちゃめちゃ寒かったです。寒すぎて自分の部屋の周りだけ閉めてしまいました。

外気がバンバン入る洗面。

部屋の中も冷え切っていて、すぐにストーブをつけました。

宿泊したときは"護摩木をプレゼント"というキャンペーンが行われていました。願い事を書いて、指定された時間までに受付に持って行き、翌朝の護摩祈祷に参加します。 

通常であれば、護摩木は300円。護摩祈祷に無料で参加できるのは恵光院のいいところ。

他にも阿字観瞑想写経もできます。阿字観瞑想に参加してみようと思いつつ、冷えた身体を早く温めたくて結局お風呂へ。お風呂は16時から、阿字観瞑想は16時半から。ゆっくり温まるために瞑想は諦めました。

阿字観瞑想に参加する人が多いせいか、一番乗りで貸し切り。

天徳院が満室で、他の宿を調べていたときは恵光院も既に残り2室。高野山の宿坊は基本的にどこも高く、1泊5万くらいの宿坊もあります。ゲストハウスも人気なので、高野山の予約は早めにしておくのが吉。

ストーブの前でぬくぬくしながら、奥の院や高野山のお寺の本を読んでいました。

初めはケーブルカーと言っていたYさんも、町石道を歩き高野山を満喫して北海道へと帰られました。金剛杖については、奥の院で奉納したいと申し出たところ「分身なのだから持ち帰りなさい。」と説得され、宅急便で送ったとのこと。「お坊さんの話は説得力があるね。」と仰っていました。ちなみに、買ったときよりも9cm短くなっていたそうです。

町石道は長いですが、高野山へと一歩一歩近づく感覚はとても素晴らしいものでした。何より、大門が本当に大きくて「着いたー!」という気持ちが溢れます。高野山は見所満載なので、最低1泊はしたい場所。

明日はいよいよ奥の院。修行を続けるお大師さまの元へ。

*恵光院*

高野山の宿坊 恵光院(Koyasan Ekoin)
高野山の宿坊 恵光院は、奥之院に近く壇上伽藍へのアクセスも良い、歴史ある寺院です。朝勤行、護摩祈祷、阿字観体験、写経、精進料理など、宿坊ならではの体験とおもてなしで、心安らぐ特別な時間を満喫していただけます。

★本日の歩行距離:22.9km

★累計:1221.2km

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ
にほんブログ村

よろしければ、応援よろしくお願い致します。

コメント

Copied title and URL