ゼロドロップとフットシェイプ。ALTRA「LONE PEAK ALL WEATHER LOW」

山 の 道 具
Processed with Rookie Cam

歩き人たかちです。

昨年の夏、山とロングトレイルでソールに穴が空くほど履いたローカットシューズを新調しました。防水のローカットはずっとSALOMONの「xa Pro 3D GTX」を使用していたのですが、今回、思い切って気になっていた「ALTRA」を試してみることに。

ALTRAは2009年に創業したアメリカのメーカーで、海外で爆発的にヒットし、日本でも多くの人に愛用されています。

 

半年程履いてみたので、ご紹介します。

ALTRAの特徴

アルトラのコンセプトは「自然な走り方」を実現させるためのシューズを作ること。

"ベアフットランニング"という言葉をよく聞くようになりましたが、ベアフットランニングとは、裸足で走ること。

実際に裸足で走る人もいれば、できる限り素足に近い感覚で走れるように、ソールを極端に薄くした"ベアフットシューズ"を使用する人もいます。

人間の足が本来持っているバランス感覚や力を引き出すことを目的として、厚底やクッションで足を守るのではなく鍛える、裸足に近い環境で走るベアフットランニングが人気となっています。

ALTRAではある程度のクッション性を持たせつつ、自然な走り方、歩き方ができる靴を開発しています。

ゼロドロップ(バランスクッション)

「ゼロドロップ」とは、つま先と踵の高低差がないこと。「バランスクッション」とも呼ばれます。

一般的な靴は、踵からつま先にかけて緩やかに下がり、つま先よりも踵の方が1㎝前後高くなっている「踵:つま先 =2:1」の比率が採用されています。

しかし、素足ではつま先と踵に高低差がある訳ではありません。自然な感覚で歩けるように、ALTRAのソールは踵とつま先の比率が「1:1」、つまり、高低差のない"ゼロドロップ"となっています。

ゼロドロップにすることで、「ヒールストライク」と呼ばれる、踵から着地する走り方、歩き方が軽減され、足裏全体を使うことにより自然で正しい姿勢が保たれます。

ヒールストライクは踵から着地して地面からの反発を利用して前に進みますが、踵から入ると足がのびた状態での着地となり、膝関節や筋肉への負担が大きくなります。

それに加え、つま先よりも踵の方が高いと前傾姿勢になり、重心がブレやすく余分なエネルギーを消費してしまいがち。前に倒れないように(前傾姿勢を戻そうと)するために、下半身を中心に関節や筋肉が変に曲がったり、歪んだ姿勢になります。

姿勢が歪むと、歩いたり走ったりするときに使われるはずの筋肉も使われなくなり、適切なトレーニングができません。

踵とつま先を正常な高さにして不自然な姿勢を正し、自然な状態を作ることがゼロドロップの役割となっています。

フットシェイプデザイン

ALTRAのシューズの見た目で特徴的な点といえば、このガバっと広いつま先。

これは「フットシェイプデザイン」と呼ばれます。

素足なら自由自在に動く指も、つま先が細くなっている靴を履くとギュッと集められて動けなくなってしまいます。

足指の自然な広がりを妨げずバランスと安定感を確保し、足本来の機能を発揮させるデザインです。

足には3つのアーチがあります。親指から小指の付け根に広がる「横アーチ」、母指球から土踏まずを経て踵に至る「内側縦アーチ」、小指球から踵に至る「外側縦アーチ」。これら3つのアーチがそれぞれ機能することで正常な歩行が実現されます。

足は、甲の中心部分が少し盛り上がった弓状の形状をしています。足を地面に着いたとき、3つのアーチが"たわむ"ことで衝撃を吸収するため、アーチがないと衝撃を直接に受けることなり、疲れやすくなったり、足の故障に繋がります。

また、つま先が細く指が圧迫され続けることで、付け根部分の靭帯が引き延ばされます。その結果、外反母趾や偏平足など、歪んだ足に変形。

つま先が広いことで5本の指それぞれに力が入るので、大地をぐっと踏む力も大きくなり、足本来のパワーを発揮できます。

登山靴を選ぶとき、下山時に硬いつま先部分に指(爪)が当たらないよう、0.5㎝~1㎝程の大きいサイズを選ぶので、靴の中で指が動くことは動きます。しかし、「指が開くか」と言われるとそうでもない。

横アーチの機能を妨害することなく、指の力を最大限活かす。これが、ALTRAのつま先のデザインとなっています。

ちなみに、土踏まずのアーチを無理矢理押し上げるようなインソールもありますが、それで矯正することはできません。本来の足の機能を戻すには踵周りを整えることが重要であり、スーパーフィートのようなインソールがお勧めです。

実際に使用してみて

購入したモデル

今回購入したのは、「LONE PEAK ALLWEATHER LOW」という防水のローカットモデル。

インソール 5 mmコンターフットベッド
ミッドソール Altra EGO™とStoneGuard™
アウトソール MaxTrac™ラバーとTrailClaw™
スタック高さ 25 mm
アッパー eVent®
重量(22.5cm) 250g

 

ALTRAの靴はほとんどが"非防水"です。蒸れなどを考えると非防水の方が履いていて快適ですが、雨の多い日本でのロングトレイルを考えて防水にしました。日本では渡渉も少なく、強めの雨の中歩いているときはやっぱり、「防水で良かったな」と思います。

蒸れや濡れによって皮膚がふやけると、靴擦れや豆の原因になります。風通しの良い非防水のメッシュ生地の方が蒸れにくいので、雨の少ない時季は非防水の方がいいと感じますが、通年利用を考慮しました。

日帰りであればいいですが、縦走、ロングトレイルで歩き続けるとなると、寒い時期は一度濡れると乾きにくいし足が寒い。ドロドロ区間を歩いても、川や側溝で濡れずにササッと洗えることも防水のいいところ。

どちらも一長一短なので、ハイクスタイルに合わせて。

ALTRAの購入にあたって悩ましいことは"在庫が非常に少ない"こと。完売しているモデルも多々ありました。靴なのでしっかり足を通したいですが、近隣の取り扱い店舗では他モデルも合わせて在庫が全然ありませんでした。

Women’sで唯一あったのは「LONE PEAK 5」の23.5cm。求めていたモデルは他の店舗でも売り切れで、取り寄せもできない状態でしたが、「履いてみるだけでもいかがですか?」とのことで試着。

普段22.5cmを履くので大きいですが、足を通してみた印象はやはり"つま先"にいきました。指の部分は「靴を履いていないのでは?」というほど、指が自由に広がり動きます。指一本一本に力が入り、大地を踏みしめている感覚が強い。

実際のサイズで防水となると履き心地が変わりますが、帰宅後に調べまくると「STRIDE LAB」というお店のオンラインショップに在庫を発見(現在は売り切れ)。大丈夫かなあ…と思いながらも購入。

履き慣らしの山から縦走へ

重量は自分のサイズだと250g程で、届いたときは思わず「かるっ!」と声が出るような感じ。実際、スイスイ足が前に出るような、軽やかな履き心地です。

試着の際、「ベアフットシューズを履いたことがなければ、ふくらはぎなどが痛くなる可能性があるので、短時間からよく履き慣らしてください」と言われました。

そのため、家の周りの散歩から始め、近場の低山→7〜8時間程の日帰り登山→縦走という形で履き慣らし。

つま先が広いと幅広の靴に見えますがそうではなく、幅はキュッとフィットしてつま先だけガバっとしている感じ。

右足が少しだけ外反母趾気味なので、普段右だけ合わないということがしばしば。これは大丈夫でしたが、外反母趾で合わない靴が多いという方はご注意ください。ワイドがあるモデルもあります。

ロングトレイルを歩くとき、私は大体小指の側面に豆ができます。歩く道にもよりますが、ロードが多めのトレイルだと250〜300㎞くらい歩いたところで小指に嫌な感じがしてきます。その嫌な感じが豆の前兆で、毎日30㎞前後歩く中で側面に小指が当たり続けて悲鳴を上げます。

しかし、つま先がガバっと開いていると指全体、特に小指の窮屈さがないので、これなら豆問題も解決できそう。

今まで使用していたサロモンの靴に比べると足首はかなりフリーな感じ。サロモンの靴は足首周りにしっかり厚みがありサポート感がありますが、これはそこまで厚みがないのでサポート感はありません。厚み、高さ、ともにスニーカーに近い感覚。

足首がしっかりサポートされている靴に比べると捻挫などをしやすいと思うので、その辺り(特に下山時)が心配な方には物足りないかもしれません。

ベロ(タン)も薄く、織り込む部分の面積も非常に少なくスマート。ベロの織り込みの厚みに圧迫されて痛みを感じる人もいるので、その辺りの問題はなさそうです。

靴紐は丸紐。丸紐よりも平紐の方がほどけにくいので、気になる場合は交換すると良いと思います。実際に、平紐よりも緩みやすく、ほどけにくい結び方でもいつの間にか緩んでいたり。

ミッドソールとアウトソールは合わせて2〜2.3mm程の厚み。山を歩くのも問題なし。

ミッドソールには"ALTRA EGO"という、柔らかい感触で、反発力のあるミッドソールが採用されています。

ソールは全体的に柔らかめで、ロードだったり不整地だったり、岩場だったり、いろいろな道を歩くロングトレイルでは快適。

 

しかし、ソールが柔らかい分、岩場に関してはサロモン方が固くて安定性があります。岩の突起などの感触はALTRAの方が強いです。

グリップも特徴的。縦横斜めと、力が分散される方向に配置されています。特に足指部分のグリップは斜めに細かく配置されているので、グッと踏みこんでしっかりグリップ。

ただ、つま先が広い分、今まで履いていた靴に比べると靴の中での"遊び(横ズレ)"が少々あると感じます。靴紐を締め直しても、下山時にはちょっと動きやすいかも。指の腹を使ってグリップしている感じもあるので、それはそれでいいのですが、動く感じが気になる人は気になるかなと。

ソールには"MAXTRAC"の文字。ゴツゴツした厳しい環境でも、グリップ性、摩擦力、耐久性に優れたアウトソールが採用されています。

ALTRAのことを調べていたときに気になったことが、つま先部分のラバーが剝がれやすいということ。これは実際そうだったようですが、モデルを重ねるごとに改良されているようです。

半年程履いてみて、今のところ問題ありません。

サロモンと比べても柔らかめの作りで、耐久性と保護の度合いはサロモンに軍牌が上がると思いますが、"過度に保護しない"というのも、ALTRAの特徴です。

インソールは少しフワフワした柔らかいもの。つま先の方まで厚みが同じ。特別厚いものではないですが、硬めが好きな人はフワフワした感じが気になるかもしれません。

木曽駒ヶ岳〜空木岳まで2泊3日のテント泊縦走でも、足の疲れをあまり感じずに歩けました。足が軽いのはいいですね。

*ALTRA ONLINE STORE*

https://altrafootwear.jp/

 

気になる点

とても履きやすいのですが、気になる点が2つ。

踵の出っ張りの引っかかり

山を歩いていて一番気になる点が踵の引っかかりです。

ALTRAの靴には踵にこんな出っ張りがあるモデルが多いです。

これの意味がよくわからないのですが、何か意味があるのでしょう。走法に関係しているのでしょうか。調べてもよくわかりませんでした。

山を歩いていると、下山時にこの出っ張りがたまに引っかかります。細かい根がはびこる場所や小さな突起のある岩場、足の置き場が狭い場所など。

下山はなるべくゆっくり下っているので、ちょっと引っかかっても大きくバランスを崩す程ではありませんでしたが、スタスタ下るときもあるし、何度か「おっと!」という感じで危なかったときも。

道幅が狭い場所や急傾斜、荷物が重いときなどは怖いですね。

泥が乗りやすい

 

踵の出っ張りに関してもう一つ。

ドロドロの道を歩いていると、出っ張りに泥が乗ります。この出っ張りは泥除けなのかとも思いましたが、逆に泥が乗ってちょっと厄介だったり。

四角い溝のあるデザインなので、そこに泥が入り込んで洗うのが面倒になることも。

切ってしまおうか…というくらい、この出っ張りは気になります。

インソールの替えがない

 

中敷きは靴の形状と同じなので、つま先までピッタリ合う中敷きはありません。中敷きがヘタッたときに何を入れるか問題。

中敷きは自分に合うものがいいという人には厳しい。そもそも中敷きを変えることで、ALTRAの特徴である"ゼロドロップ"が無意味になってしまうことも。

中敷きの替えが売っていれば嬉しいのですがそれはなく、調べると「HOSHINO」のインソールの形状が似ていて、かつゼロドロップであるという情報。

レザーの登山靴が一足欲しいと思い、初任給を握りしめて買いに行ったGOROの登山靴。その中に入っていたのがこの「HOSHINO」のインソール。普段GOROを履くときには違うインソールを入れていてあまり使っておらず。

何年も経っていますが、試しに入れてみると割としっくりきました。歩いても特に問題ない感じで、これなら十分使えそうです。

形が完全に一致している訳ではないですが、ホシノのインソールもオブリーク形なので、全然合わないということもありません。

ALTRAのインソールは少しフワフワした柔らかいものなので、硬めが好きな方はホシノのインソールが良いと思います。

ホシノのインソールに関しては、ALTRAを購入した「STRIDE LAB」のHPにも詳しく書いてあります。

*STRIDE LAB BLOG*

ALTRAにはホシノインソール | STRIDE LAB BLOG
どーも店長です✨ お店に来たことがある方ならご存知かと思いますが、今までお店であまり積極的にインソールを勧めることはしていませんでした。私自身も特に困っていない状態で、足も見ないで過去に勧められて嫌な思いをしたことがあるからです。なので特別困ってなければ、積極的にオススメしていませんでした。 しかしながら、100kmウ...

 

普段使用しているモンベルの「ドライワッフル フットヘッド」も入れてみました。

しっかりしたインソールに比べると簡易的なものですが、このインソールが自分の足とは妙に相性がいいので愛用しています。

ALTRAに入れてもあまり違和感はありませんでした。ただ、ちょっとヘタってきているので、そのせいかもしれません。新品だともう少し厚みがあるので、また違う印象になると思います。しかし、これだとゼロドロップが活かせないのでやめておきます。

ホシノのインソールと比べるとホシノの方がしっくりきたので、やはりホシノとの相性がいいのだと思います。

*株式会社ホシノ*

https://www.hoshino-kikaku.co.jp/insole/

最後に

半年程履いてみて、過剰な保護のないシンプルさや、軽さによる足さばきの良さ、フィット感と、個人的には好みです。特に、指が広がる自由さはロングトレイルにはとてもいい。

「みちのく潮風トレイル」を歩きたいので、豆のでき具合も検証できればいいなと。

しかし、やはりサロモンも捨てがたく、"クイックレースシステム"の良さはピカイチ。緩んできたらサッと締め上げることができるのは本当に楽で、これのおかげで山旅にサンダルを持って行くことも少なくなっていました。紐を結ぶ動作が入るだけで脱ぎ履きが面倒になり、やっぱりサンダル欲しい…なんてテント場で思ったり。

クイックレースとALTRAが融合した靴が欲しいです。

今ではがっちりしたハイカットモデルを履く人も少なくなっており、足元の軽やかさを求めている人は年々多くなっています。

ベアフットサンダル、通称"ワラーチ"でのトレイルランニングも流行っているし、縦走でもワラーチの人いるし、なんなら裸足で山を歩いている人もたまに見かけます。

昔はわらじだった訳で、きっと、世の中が便利になればなるほど、快適になればなるほど人は"原始"を求めるのではないかと。

山だからミドルカット、険しい岩場だからハイカットという概念は古くなり、技量、体力、荷物、ハイクスタイルを考慮して、試しながら自分のスタイルを確率すればいいと思っています。

流石に裸足では山を歩けませんが、しばらくベアフットに近い「自然な歩行」で、距離を伸ばしながら歩いてみたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

よろしければ、応援よろしくお願い致します。

 

 

コメント

Copied title and URL