1kg以下のテントで軽快に歩く。モンベル「UL ドームシェルター」

山 の 道 具

歩き人のたかちです。

今回は、私が悩んで悩んで悩みぬいて購入した、モンベルの「UL ドームシェルター 1型」についてご紹介します。

※見た目はシングルウォールテントですが「自立式のシェルター」です。就寝を目的としたものではなく、あくまでもツェルトなので、ご注意ください。

テント思いっきり軽くしたいな…

今回購入した理由は、お遍路を歩くため

普段、山ではモンベルの「ステラリッジテント 1型(旧型)」を使用しています。しかしお遍路では、東屋やコンクリートの上などペグを打つ必要がない、または打てない場所で張ることが多いので、自立式のシングルウォールテントの検討を始めました。

今後のロングトレイルのことも考えて軽く、軽く…。

現在は、1㎏を切るモデルはわんさか登場しています。しかし 980g!とか、わずかに1㎏を切るというのはちょっと違う。

切るなら思い切り切ってほしい。自分が持っているステラリッジの総重量が1.4㎏ほど。現行モデルはさらに軽量になっています。900g台でも400〜500g程軽くなりますが、軽量化を考えたとき、大幅に重量を減らせるのは大型アイテム。もっともっと軽くしたいと、900g台は却下。

そうなると、自然に2つのモデルに絞られました。

決め手は「入り口メッシュ」

「1㎏をしっかり切る自立式のモデル」となると、どんどん削られていき、最終的な候補は2つ。

モンベル「UL ドームシェルター1型」:775g

画像出典:モンベル

②ヘリテイジ「クロスオーバードーム2G」:630g

 

画像出典:ヘリテイジ

この2つで悩んだ結果、決め手となったのが「メッシュ素材の有無」です。

はじめは、どうせ買うなら夏山縦走でも使いたいと思い耐水圧や透湿性、前室の有無などいろいろ考えていました。しかし、欲張るとそこまで軽くならない。ロングトレイルでの使用をメインにして、最低限3つの条件に絞りました。

①自立式であること

②入口が長編にあること

③メッシュ素材があること(虫対策)

3つの条件を備えていたのが「UL ドームシェルター1型」でした。

クロスオーバードーム2Gとは本当に悩みましたが、やはりメッシュが欲しかった…。重量は非常に魅力的ですが、テント内に蚊がいたら本当にストレスなので。

UL ドームシェルターはベンチレーターもしっかりメッシュで、換気をしながらの虫対策もばっちりです。

軽さを追求しながらも、私にとって痒いところに手が届いていたのがモンベルでした。140g違いますが、快適だと自信を持てる方を選択。

自分の理想を何もかも備えている商品に出会うのは難しい。ドームシェルターは、耐水圧も他のものに比べて低いし、透湿性もありません。結露も激しいと思いますが、そこまで厳しい環境では使わないので、決め手は「メッシュ」となりました。

UL ドームシェルター1型 基本情報

ULドームシェルターの位置づけは「自立式のシェルター」です。就寝を目的としたものではないので、耐水圧なども最低限の仕様となっています。

重量本体:742g(ポール含む)
総重量:775g(スタッフバッグ含む)
耐水圧本体:600㎜
フロア:1500㎜

*ともにウレタンコーティング
透湿性なし
生地本体:15D/フロア:30D
収納サイズ本体:高さ25㎝、直径10㎝
ポール:高さ43㎝、直径5㎝

画像出典:モンベル

広さは、山岳テントの「ステラリッジテント1型」と同じです。ドームシェルターはインナーポール式なので、ポールは1本分短いです。

ペグと張綱は付属していないので、必要であれば別途購入します。

フロアの生地はバスタブ型で防水性を高めてきます。主要縫製箇所にはシームテープ処理が施されています。

実際に使用してみて

設営

設営は簡単です。

外側にポールを通すスリーブがあるので、そこに通すと室内に出ます。

スリーブのある面とは反対側の角にポールの先端を固定する部分があるので、こちらに差し込みベルクロで固定します。

あとは通常のテントと同じく、もう一方のポールの先端をグロメットに入れて立ち上げます。

内側にポールを固定するベルクロが付いているので、一つずつ留めていきます。

天井部。

側面も。

注意点としては、ポールの先端がしっかり差し込まれていないと、立ち上げている途中でポールが抜けて、その勢いでテントの生地を破ってしまう可能性があります。奥までぐっと差し込んで、しっかり固定してしてください。

結露

使用するにあたって一番気になっていたのはやはり「結露」

シングルウォールは結露する宿命なので逃げられません。結露は少しでも少ない方が嬉しいですが、どうせ拭くのであれば変わらないかと割り切っていました。

しかし、思っていたよりも結露しませんでした。びしょ濡れを覚悟していましたが、お遍路中、寝ている間に水が滴ってくるということはありませんでした。

結露は使用環境によって大きく変わるので、一概に良い悪いは判断できません。

お遍路では、川沿いキャンプ場、海沿いキャンプ場、芝生の大きめキャンプ場、東屋、たんなる平地などで使用。

一番結露をしたのは「川沿い」。高知県の四万十川キャンプ場で使用しました。水辺は湿度があるので結露しやすくなります。しかし、その日の寒暖差や湿度、地面の環境で大きく変わります。

滴る程ではありませんでしたが、壁に触れると水滴が集まりツーっと下へ流れました。もちろん、状況によってはポタポタ滴ることもあるはず。底面も芝生がしっかりつくほど濡れていました。

四万十川のように朝靄がよく出るような場所は、より結露しやすいです。

基本的に海辺も結露しやすいですが、四国ではほとんど結露しませんでした。

愛媛県の鹿島キャンプ場。

風が強めだったので海側は諦め、壁と屋根の下に避難。結露なし、サラサラ。

徳島県「まぜのおかキャンプ場」。ほとんど結露なし。

野宿。

東屋など、壁がある場所はほとんど結露しませんでした。壁がある分、小屋の外に張るよりは寒暖差を多少和らげられます。

廃校でテントを張ったときは、グランドに向いている入口の面だけ薄ら結露していました。校舎の外壁側はほとんど結露なしという、異なる結果。ちょっとでも壁があると違います。

使用した中で一番標高が高かった場所が、徳島県三好市の「いやしの温泉郷」です。お遍路を歩く前に剣山〜三嶺を縦走し、温泉でテント泊をしました。標高780m程の場所にあり、急峻な山と川に囲まれる環境。

朝晩は冷え込みましたが、ここでも薄ら結露したのみでした。

シュラフカバーは持って行きませんでしたが、滴ることがなかったので結果必要ありませんでした。今のところ嫌になる程結露していないので満足しています。

結露はシングルウォールの宿命でもありますし、慣れれば拭く作業もそれほど苦ではありません。

2021年は、1000mほどの低山から2500mほどの高山で何度か使用しました。結露はそのときの気象条件によって様々ですが、ポタポタ垂れるほどにはなっていません。壁を触るとツーっと落ちていくくらい。

何年か前にグランドシートの使用をやめました。ぐちゃぐちゃドロドロになるのが面倒だし、重いので。その代わり、結露対策、浸水対策として、中にインナーシートを敷いています。使用しているのは「SOLのエマージェンシーブランケット」。嫌な音がしないし、何度でも使えるのでとても使いやすいです。

内側が結露すると、壁伝いに落ちた水滴によって置いてあるものが濡れます。底面の結露もありますが、シートを敷くことで、壁伝いに落ちてきた水滴が就寝テリトリーに入りこまないように。

エマージェンシーシートは必ず持つものになるので、どうせなら活用した方が荷物が軽くなります。

断続的な強めの雨や突然の土砂降りという環境では使用していませんが、多少降るくらいなら問題ありませんでした。

*SOL エマージェンシーブランケット1人用*

エマージェンシーブランケット(1人用) エスオーエル(SOL) │ スター商事ショッピングサイト
アウトドア製品ショッピングサイトの商品

ここがお気に入り

サイドポケット、前面ポケットに入る

軽量テントを購入するにあたり、できれば使用するザックのサイドポケットに入って欲しいと思っていました。

期待通りすっぽりぴったり。

収納袋はステラリッジのものを使用しています。正規の収納袋だともっとスマートになるので、むしろ隙間ができるくらい。

このザックのサイドポケットは大きめに作られているのですっぽり。25〜30Lくらいのザックでも、大きめ前面ポケットやメッシュ素材のポケットに収まりました。

サイドや前面のポケットに収めたい理由は、撤収が楽だから

テント内で荷物を完璧にパッキングして外に出て、テントをさっとたたんで、さっとしまう。これが理想。

「一番上に入れればいいじゃん」という方もいますが、私はよく使う小物類のスタッフバックとか、潰したくないちょっといいおやつが入ったお菓子袋を一番上にすることが多いです。なので、外側に収納できれば最高だなと。

テント場で、岩の上にザックの中身を出して整理整頓している人をよく見ます。外のポケットに入るととっても楽です。

使用したザックの紹介はこちら。おすすめULザックです。

入口のメッシュ

決め手となったメッシュ。

入口の半分程メッシュ窓にできます。

虫対策をしながら大々的に換気ができるのはやはりありがたいですね。夏場は特に、平地でのテントは暑いので…。

秋でも蚊の生き残りはいますし、やはりあって良かったです。

ただ、メッシュにするためのジッパーが外側についているので、メッシュにするときは入口を開け閉めしないといけません。このジッパーが内側についていたら完璧なのですが…。

これに関しては、山岳テントのステラリッジも同じなので慣れました。

外側にする理由が何かあるのでしょうか。

大きなベンチレーター

ベンチレーターは天井部2箇所にあります。よくある丸い吹き出し型ではなく、自動的に立ち上がるタイプ

入口上部。

入口の向かい側。

棒みたいなものがついています。長さ約13cm。

雨風が強い中で使用すると吹き込んでくると思いますが、そもそも耐水圧も高くないし、そのような場面で積極的に使うものではないので。

大きいので換気は充分。冬場は少し寒いかもしれません。

なお、各所ベンチレーター上部は激しい雨の際に漏水の恐れがあるとのことで、下記図の太線箇所の防水性を高めることが推奨されています。(説明書に書かれています。)

画像出典:モンベル

内側はシームテープ処理されていますが、念には念を。

シームグリップで目留めをしました。(表から)

ここはちょっと…イマイチな点

ベルクロがちょっと面倒

内側のベルクロは全部で11ヶ所。一個一個しっかり留めるのが少し面倒だと思いました。簡易フックとかでカチカチ留められたら簡単そうですが、ベルクロである理由があるのだと思います。

オクトスの「ULシングルウォールテント」も考えていましたが、これもベルクロで留める式。メッシュも付いてるし、耐水圧も倍以上でしたが、重量が972gだったので候補から省きました。

取り外ししやすいように、持ち手の部分は少し長くなっています。引っ張るとバリバリと外れる仕様。

生地は薄め。ポールの突き刺し注意

インナーポール式なので、設営時の突き刺しは要注意です。

旧モデルは突き刺してしまいがちな形状でしたが、モデルチェンジをしてそこは緩和されました。

ポールの先端をしっかりと固定できるようになったり、スリーブで内側に通す仕様になったり。

お遍路から帰ってきて全体をチェックすると、生地が薄くなっている部分が一箇所ありましたが、特に問題なし。ポールのせいではありません。

薄くて丈夫な生地を使用していますが、本体が15Dとなるとやはり薄いですね。フロアは30Dありますが、雑に扱うと破れやすいので優しく、優しく…

小さな穴あきであれば「リペアシート」「シームグリップ」で修理できます。

モンベルは修理をしてくれるので、大きめの穴や破れは店舗へ。

ちょっと透けやすい?夜は要注意

普通のテントでも、夜に明かりを点けると影が映ります。

ドームシェルターは1枚生地な上に薄い。そして、生地の色も薄い

手前の短編にザックを置いていますが、壁についてる部分は「そこに物がある」というのがわかります。

購入前も透け感を結構気にしましたが、濃い色のものに比べるとやはり避けやすいです。

クロスオーバードームの黄色は少しマットな感じで透けにくいのかなと思いますが、実物を見ていないので何とも言えません。濃い緑なら透けないけど、自然光を感じる色合いが好きなので、ステラリッジも白いフライを選びました。

洋服の色がわかるほどってわけではないですが、(ぼや〜っと)人がいるなーくらいはわかります。壁にぴったり貼り付いたらわかります。

暗くなって明かりを点けると影がはっきりわかるので、着替えなどは要注意。普通のテントでもそこは気をつけていますが、着替えは明かりが必要ない時間帯に済ませた方がいいです。

屋内の明かりと太陽光ではちょっと印象が違いますが、店頭で実際に人が中にいる様子を確かめるといいと思います。

まとめ

安い買い物ではないので散々検討しましたが、今のところ酷い結露もないので、結果購入して良かったです。

①自立式
②長辺入口
③メッシュ!

この3つが欲しい!という方にはおすすめです。ただし、がっつり山岳用として考える場合には耐水圧、透湿性も考慮した方が良いです。

普段の山岳テントと比べると約700gの軽量化。ダブルウォールテントだと生地を2枚持ち歩かないといけないので、1枚減るだけで設営、撤収が大分楽になりました。

軽量テントの開発の勢いがすごいのわかるな〜というくらい、設営、撤収、持ち運びが快適です。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
にほんブログ村

よろしければ、応援よろしくお願い致します。

コメント

Copied title and URL