日々感謝。1200kmのへんろ道。【7日目:21番大龍寺〜22番平等寺】

お 遍 路

2020.10.26(月)
徳島県阿南市:晴れ☀︎22/11℃

歩き人たかちです。

今日は、昨日に続き「一に焼山、二にお鶴、三に太龍」の3番目太龍寺。3大難所は全て徳島県。

朝一で山を越え、平等寺を経て美波町まで。最後の方で道を間違え往復2kmのロス。太平洋を目指した36.3kmの1日。

プチ野宿情報

23番薬王寺前の「道の駅 日和佐」は野宿が許されています。薬王寺の湯、コインランドリーも近くにありと非常に良い環境です。

しかし、大井小学校からだと40km近くなるので、その手前の「恵比寿浜キャンプ場」かgo to利用で「ホテル白い燈台」にすることに。平等寺に着いた時間で考えることにしました。

*太龍寺からいわや道、国道回りで薬王寺に行くと35km程、浜ルートなら38km程

この区間の注意点は、食料を調達できる場所が限られていること。太龍寺下山後の「道の駅わじき」から薬王寺までの間は、へんろ道を逸れないとお店がありません。薬王寺手前で野宿する場合は、平等寺参拝後に「あらたの駅」経由で歩かないとお店はありませんのでご注意ください。

今日も元気に階段。21番「太龍寺」

*大井小学校~太龍寺:4.5km*

3:00頃、ふと目が覚めると声が聞こえました。お坊さんと尼さんのご夫婦がもう準備を…。今日は23番薬王寺まで行くから早めの出発とは言っていましたが、早すぎないか…と思っているうちに出発した様子。私は再び夢の中へ。

5:30前に起床。標高は40m程ですが、山と川の間。ひんやりしていました。寝袋を着たまま朝ごはんを食べ、テント撤収。

お遍路のために調達したモンベルの「UL ドームシェルター」。結露が心配でしたが、それほどでもなく良かった。

野宿をお考えの人は、よろしければこちらの記事もご覧ください。

6:30出発。6:00頃出発しようと思いながらちょっと起きるのが遅かった。

小学校を出るとすぐに大きな休憩所がありました。

大きなソファが2つ、喫茶店のカウンターで使われているような椅子たち、テーブルにはみかん。ゴミ箱も設置され、なんとありがたい休憩所でしょうか。住民の方々が管理してくれているのだと思います。感謝です。

「那賀川」に架かる橋を渡り、太龍寺への山道へと入っていきます。

山と川。一晩ありがとうございました。

はじめは舗装道を緩やかに歩いていきます。

3.8km手前に「お遍路さん お接待水道」と書かれた水道がありました。太龍寺前の水分補給はこちらで。

このあとも緩やかに山の中へ。途中に東屋がありました。

なだらかな道が早朝散歩にぴったり。川からのひんやりマイナスイオンで身体が目覚めます。

どこから登って行くのかと思っていたら、1.6km手前でようやく。

お、太龍寺は階段じゃない山道か?

舟形丁石。1丁109mです。

階段でした。昨日の鶴林寺に続き、今日も元気に階段。太龍寺も最後までほとんど階段

400m手前で舗装道になり、やがて仁王門に到着。

【 21番 太龍寺 】

:虚空菩薩像
宗派
:高野山真言宗
開基
:弘法大師(793年)

標高520m。御廟の橋、大使の拝殿、御廟の配列が、高野山奥の院と同じ配列になっていることから「西の高野」と称されています。鎌倉時代に建立された仁王門は天正の兵火を逃れ、安置された仁王像は県下最古で最大ともいわれています。

参照:四国お遍路88ヶ所歴史読本
著者:株式会社エディスタ

仁王門のあともアスファルトが続きました。200〜300mくらいだったと思います。仁王門に着いて気が抜けたか、アスファルトが意外に疲れました。

境内到着。納経所前のベンチに荷物を置いて、本堂へ向かいます。

鐘楼門。

月曜日の朝一ということもあって、誰もいません。車の人もいない。ただでさえ山で静かなのに、これはいい。鶴林寺の麓に泊まったからこそ味わえるご褒美。

朝一で山に登ってお参りするのは、身体的にも精神的にもすごく清々しいです。

大師堂へ。

大師堂

こちらもしーん。誰もいない。素晴らしい。

大師堂の中がやけに光っているなと覗いてみると、天井にはたくさんの吊灯篭。これがすごく綺麗でした。

大師堂は本堂のさらに奥にあり、ひっそり構えています。

模様がすごく繊細。大師堂のこの吊灯篭が一番素敵でした。ぐるっと一周できるので奥へ行くと、大師堂の裏には御廟がありました。

太龍寺は、弘法大師が本当に修行していたんだな〜と感じられるような、迫力あるお寺でした。満足して納経所へ。

地図に記載のある下山ルートは2つ。車道か下田商店へ下る山道ルート。(最新版には「いわや道」の記載もあるかも知れません。)今日は距離が長いので、距離が短く早いであろう車道から下ろうと考えていたところ、住職さんに「ロープウェイの方へ行くと“いわや道”という空海が下った道があるから。ここを登った人の宿題みたいな道で、9割方の人はそこを下るよ」と言われました。

そう言われるとなんだか行かないといけない気分に。納経所から「あの子どっち行くかな~」とか見られていたら嫌だし、とか余計なことを考えつつ「いわや道」を行くことに。

「ロープウェイがもうやってるから、お茶とかカップラーメンお接待してくれると思うよ」と言われましたが、お寺のベンチで休憩してしまったので、そのまま下山へ。

 弘法大師修行の地「舎心ヶ嶽」

弘法大師の背中

*太龍寺〜舎心ヶ嶽:700m*

ロープウェイを過ぎたあと、いきなり下るのではなく舎心ヶ嶽までもうひと登りします。標高差は70m。

ロープウェイ太龍寺駅。

ロープウェイからだとここを登って本堂へ行くことになります。

登ると暑いし、でも止まるとひんやりするし。ザックを下ろして休み、冷えた背中にザックを再度背負うと一瞬ひやっとするこの感じ、秋だな〜と思います。

無心で登り続けると「大師の坐像」が鎮座しています。

舎心ヶ嶽は、弘法大師が19歳のとき修行した場所。まさに捨身覚悟の修行で、そのとき龍神が大師を守ったことから太龍寺と名付けられました。大師はここで「虚空蔵求聞持法」という、記憶力と判断力の秘法を身につけますが、これは1日1万回、100日間虚空蔵菩薩の真言を唱えるという難行でした。「空海」と改めたのは22歳のときですが、ここで「空」の思想を感得したとも伝わります。

参照:四国お遍路88ヶ所歴史読本
著者:株式会社エディスタ

 

山道からだと後ろ姿ですが、ロープウェイからは正面でみることができます。お大師さまって本当にすごい人なのですね。高野山の前日の宿で、お坊さんの方にお会いしましたが「空海さんはスーパースターですよ」と仰っていました。こんなところで100日間?1日1万回?どんな状況なのそれ?と、想像すらできません。

鎖があり、近くまで行けるようになっています。鎖の必要ない場所でストップし、遠目で眺めて終わらせてしまいましたが、行けるところまで行けば良かったなと。天気良かったし。

太龍寺の下山ルートについて

私は勘違いをしていました。「いわや道」というのは、てっきり下田商店に下る道なのかと思いましたが、別物。どうも傾斜も進行方向もおかしいと歩き出して思いました。

太龍寺からの下山道は4つ*

【 ① 車道 】
*阿瀬比まで6.3km
(約1時間半)
所要時間としては一番早い。

【 ② いわや道・平等寺道 】
*阿瀬比集落下山:約5.5km(約2時間)

途中でいわや道は終了し、平等寺道に変わります。全体的になだらかで、1.8kmくらい手前から急坂区間あり。午後14時以降の立ち入りはお断り。

【 ③ 中山道 】
持福院、下田商店へ下山:3.5km
(1時間半前後)
急傾斜。2016年度版の地図にはこのルートが記載されています。「北地道」の案内に従うと途中で分岐があるようです。

【 ④ 北地道 】
道の駅「鷲の里」近くに下山:4〜4.5km?詳細不明

ロープウェイに一番沿った山道。一応遍路道で札や丁石があるようです。しかし、歩く人は非常に少なく荒れ気味、わかりにくい場所があるようで、おすすめはしないとの情報。

いわや道を下ると阿瀬比集落に着き、道の駅まで300mの地点に出ます。下田商店へ下る道は急傾斜であり、そのあとのロードも長いので、いわや道の方がいいと思います。時間が心配であれば、車道で下るのが一番早いです。

宿題の道。「いわや道・平等寺道」

*舎心ヶ嶽〜阿瀬比へんろ小屋:4.8km*

舎心ヶ嶽から100mくらい歩くといわや道に突入。

ここから杉林を下っていくわけですが、緩やかだし、蛇行するし、いわや道ってどこを歩くルートなんだ?と早々に思いました。地図に記載されている山道(中山道)だと「ふだらく峠」を越えるためにさらに登るはず。

「あ、これ下田商店ルートじゃない。」

今更気がつきました。いわや道以外にもうひとつ「北地」という案内が出ていたので、地図の山道はそっちに行くのかと。

途中途中の案内版には「阿瀬比集落」と書かれているので、これは下ったあとのロードをかなりカットできるのでは?と期待。

ひたすら、このような杉の木立の中をなだらかに下っていきました。道はよく整備され、非常歩きやすいです。

集落手前2kmを切った辺りで「急坂区間」という看板があり、山道らしい下山になりました。

ここまでのなだらか区間に比べると、多少石ころもありますが、概ね歩きやすいです。

やがてアスファルトが出現し、民家が現れました。

するとすぐに、へんろ小屋「阿瀬比」を発見。(宿泊NG)

Googleを見ると、道の駅まで300m。ロードを全く歩かない結果となったので小躍り気分でした。

太龍寺から「阿瀬比」に向かって斜めに下ってきました。下田商店への道は地図をどう見ても急坂だし、そのあとのロードを含めて7kmあるのでいわや道を聞いて良かった。

安心しつつ、22番平等院へ向かいます。

大根峠を越えて。22番「平等寺」

*へんろ小屋阿瀬比~平等寺:4.6km*

平等寺までは「大根峠」を越えて行きます。へんろ小屋から峠までの距離は400m、標高差は60m。

農道のような場所を歩いていくと、やがて山の中へ。

う、また階段。しかし、そこまで長くはありません。

そのまま峠を越えて下山に差し掛かると竹林になりました。

はー爽やか。

全体的に緩やかでとても歩きやすい道でした。

峠越え終了。

車道に合流し少し歩くと「へんろ小屋 大根」。天井が凄まじく高い、かっこいい造りです。ちょっとキノコにも見えます。しかし、入口が塞がれていました。利用停止中なのかな…。

ここから5分程歩いた場所に「お水をご自由にお飲みください」という水道がまたまた。太龍寺と大根峠で消費したので、ありがたく補給させていただきました。

今日もすっきり青空。

「100円シップ」を発見。

柿とキウイと葉物野菜。柿もキウイも一袋7~8個入っています。果物食べたいですが、さすがに重い…。へんろ道には無人販売が多く、安くてすごく魅力的ですが持ち歩くのが苦になってしまうのが悲しい。諦めます。3つくらいならいいのですが、たっぷり。でも、これで100円なんて最高だ。

11時、平等寺に到着。

【22番 平等寺 】

本尊:薬師如来
宗派
:高野山真言宗
開基
:弘法大師(814年)

本堂への石段下には今もこんこんと水が湧き出る「弘法の霊水」と呼ばれる井戸があります。弘法大師が修行中、5色の雲がたなびき中から黄金の梵字が現れました。それが薬師如来の姿に変わり、大師は加持水を求めて井戸を掘ったところ乳白の霊水が湧き出し、衆生が平等に救済されるようにと白水山平等寺と名付けました。「平等」は大師の重要な教えであり、動物も草木も人も、天と地と神仏も、すべてのものは存在としての価値が平等であるとします。

参照:四国お遍路88ヶ所歴史読本
著者:株式会社エディスタ

リアルお迎え大師。平等寺のは非常にリアルでした。眉毛にも線が入っていて、細かいなーと、まじまじ見てしまいました。

5色の雲にちなんで、5色がたなびいています。

お寺にある「手舎水」も、お寺ごとにカラーがあるのですが、もみじや花があるとすごく素敵です。

平地での紅葉はまだまだ。フレッシュグリーンのもみじに見惚れてしまいました。

本堂は階段を上がります。ここで、昨日野宿でご一緒だったお坊さんと尼さんのご夫婦にお会いしました。3時頃出発されたので、てっきりもう会わないと思いきや。参拝にかなり時間をかけているので追い付きました。

再会を喜んでいたら、本堂も大師堂も写真を忘れるという失態…。撮ったつもりでした。

本堂の天井には草花を描いた天井画がありますが、これも見忘れました。

満足げに全体は撮ったようです。左手に大師堂。周囲がひらけていて気持ちの良いお寺でした。

今日の行程はまだ20kmあります。薬王寺まで行けなくもなさそうでしたが、まだまだ旅も序盤で身体も仕上がっていないので、やめておきました。恵比寿浜キャンプ場に泊まろうと思っていましたが、昨日から汗だくすぎてお風呂に入りたい。山だと5日くらい入らなくても平気な顔して歩いていますが、平地だと気になります。

「ホテル白い燈台」は太平洋一望の露天風呂…誘惑に負けました。恵比寿浜キャンプ場から白い燈台まで1.6km、日帰り入浴も可能なのでキャンプ場から往復しようと思っていましたが、往復3.2km…ちょっと嫌になってしまいました。

2日間山越えしたので、今日は宿に泊まってしまえと、最後の1室を予約。満室だったら諦めがついたのですが、甘いなー自分に…。

郵便局から道を間違える

*平等寺~阿南小野簡易郵便局:7.3km*

平等寺を後にし、田園風景の中を歩いていきます。

今日も抜けるような青空。

県道284号を歩き、だんだん民家がなくなり林道に入っていきます。緩やかに登ります。

「月夜御水庵」の案内を横目に進みます。しかし、ここには「月夜御水大師の大杉」があったそうで。ちょっと見たかった。

このルートは日影多めの道でした。ありがたい。

途中バイクで通り過ぎたおじさんが、木の下で傘を逆さにしてガサガサ木を揺らしていました。実でも取っていたのか、何していたのか。

ピークを越えて、ぐんぐん下っていくと「鉦打橋」に到着。「へんろ小屋鉦打」を目指して国道55号を歩きます。

橋を渡ってすぐの場所に「薬王寺への案内図」がありました。赤い線は「四国の道」で、へんろ道に比べて大分遠回り。青い線は国道へんろルート。私は由岐漁港の方へ下るので、赤と青を細くしれっと繋いでいる緑の線を歩きます。

はじめは歩道なしでしたが、すぐに歩道がありました。

そのまま「鉦打トンネル」へ。これくらい歩道がしっかりあって明るいと安心です。

トンネルの先に「へんろ小屋鉦打」

ちょっと休憩と中へ入ると、尼さんが休憩中。またお会いできました。旦那さんは歩くのが早いので先に行ったとのこと。お参りは旦那さんの方が長く、いいバランスのようです。

尼さんは今回でお遍路8回目。1回目からずっと野宿ということで、プロでした。今回はたまたま旦那さんも一緒にくることができたとのことですが、1人で歩くときもテント無し野宿…尊敬します。

前回は半年前の2020年5月のコロナ禍真っ最中に歩き、宿泊場所は本当に苦労したと話されていました。野宿禁止の場所もやはり増えているようです。

11月下旬までに帰らないといけないとのことで、今度こそここで会うのが最後になると思います。お遍路さん自体が少ないので、交流できると本当に楽しいです。

醤油煎餅をバリバリ食べて私も出発。まだ15km程あります。

短いトンネルを抜けたあとに国道55号を離れました。

自動販売機発見。

かわいいお遍路さん。

浜コースは、阿南小野簡易郵便局から「由岐」の方へ下っていきます。郵便局は確認したのですが、なぜかそこからまた国道55号の方へ歩いてしまいました。

高知に入ったら室戸岬までの野宿場所をどうしようかと考えながら歩いていたとき、ふと気が付きました。

あれ?全然下ってないじゃん…。

Googleを見ると…間違えたーーー!!!

国道ルートを1kmも歩いていました。あっつい中2kmロス。なぜ距離の長い日にこうなるのか。

調べると、ここから薬王寺まで12km。ホテルまで14km。もはや薬王寺の方が近いし。しかし、予約してしまったので行かなければキャンセル料取られる。うーん、やっぱり宿はこういう時に自由ではないなと思いながら仕方なく戻ります。海沿いルート歩きたかったし。

この時点で13時半。14kmあるので3時間くらいかかる。ちょっと早歩きで戻りました。

国道ルートの休憩所。東屋のみ。

戻ると「国道回り薬王寺」という案内板がガードレールに提げられていました。全然見てなかった。

意外に遠い。太平洋の露天風呂

*阿南小野簡易郵便局~ホテル白い燈台:12.7km*

下り始めると、先程郵便局を過ぎたところで会ったおじいちゃんがまだ散歩してました。「国道の方が早いよーこっちはね、浜のルート」とゆっくり教えてくれました。「道間違えちゃいましたー!こっちでしたー!」と叫び、手を振って早歩きで下ります。

その間の写真が一枚もありませんでした。

車道を下り「由岐坂峠」までちょっと登り、そこからか浜に向けてだーーーっと下ります。登りになる手前に自動販売機があったので、そこでジュースを一気飲みしてエネルギーを補給。

途中にお遍路休憩所「由岐坂休憩所」がありました。お手洗いはなく、東屋のみ。

お遍路休憩所やへんろ小屋はほとんどGoogleに登録されています。「へんろ小屋」とか「お遍路休憩所」で調べると出てくるので便利です。

スピードハイクで下って行くと海に出ました。思っていたより透き通っていてすごく綺麗。

由岐駅の近くには休憩所があります。海一望の休憩所。テーブルがありましたが、1人用のテントは十分張れる広さでした。

お手洗いも近くにあります。海水浴用みたいなので、シャワーのマークがありました。通年使えるかは分かりません。民家の集まる道ではないのでとても静かで、手前で食料さえ調達しておけば最高のロケーションで野宿ができます。もはや泊まりたい環境。壁のないリゾートホテル的な。

たいのはま駅近くで、再びジュースを体内に投入。

木岐駅周辺の漁港の街には小さな商店が1つありました。「にいや商店」というお店で、一応営業していました。通りがかりに見た感じ、お菓子くらいなら買えそうで。営業日は不明です。

潮の香りが漂います。海だなー。

もう少し歩くと「白浜休憩所」がありました。2階建てで、隣にはお手洗いもあります。

一階

2階

お手洗いは2つ

1階も2階もテントを張れる広さ。2階は1人用が限界かなと。ここも海一望で、静かだし、野宿にめちゃくちゃ良さそうでした。

平等寺からコンビニのあるルートにして、休憩所での野宿でも良かったなと今更。食料さえ確保すれば、野宿場所は結構あります。

しかし、今日は自由ではないので渋々進みます。

ここから遊歩道を1km。緩やかに登って行きます。

植生が海辺の遊歩道って感じ。何が生えてるのかわからないけど。

遊歩道が終わると車道に合流。ここから最後の峠「山座峠」へ緩やかに1km。

短歌の書かれたものがたくさん並んでいました。

峠を越えると遊歩道経由か車道経由かの案内板。1.8kmも違います。もちろん遊歩道を歩きます。

先ほどと同じような道を今度は下っていきます。疲れも出てきたか、日没が早くて焦っているか、1kmの遊歩道がやけに長く感じる。今日は太平洋一望の、しかも夕日が綺麗に見られるという露天風呂なので、ゆっくり見たい。日没は17時15分。随分早くなりました。

やっと遊歩道が終わった頃には日が大分傾いていました。

でも、夕方歩くのも好きです。なんだかんだ。急に1日を振り返り出す夕方、今日も良い1日だったなと必ず思ってしまうのは旅の風景のせいなのか。

あとは県道25号を辿っていくだけ。これも長く感じましたが…。

キャンプ場の少し手前に「恵比寿浜おへんろ休憩所」があり、おじさんが野宿の支度をしていました。しかし、お手洗いはなかったです。

本当は第一候補だった「恵比寿浜キャンプ場」発見。

県道に面した平坦なキャンプ場。建物が管理棟、すぐ隣からテント場。こじんまりしています。ここから温泉への往復はやはり気力がありません。3組ほどのキャンパーがいました。

まだかーまだかー歩くとホテルが見えました。

やっと着いたときは16時半過ぎ。

海。海。海。ホテル白い燈台

部屋からも海。

一息入れる間もなく温泉へ直行。曇り気味でしたが、無事日没前に露天風呂に入り、夕日風呂でいい時間を過ごせました。

露天風呂の端はジェットバスになっていて、ボタンを押すと5分間稼働します。普段ジェットバスにはあまり入らないのですが、疲れた身体の骨に響いて最高。肩、腰、ふくらはぎ、最高。この日からジェットバスがあると必ず入るようになりました。

翌朝、誰もいない時間に写真を撮らせていただきました。

シャンプー、リンス、ボディーソープ揃っています。

内風呂も気持ち良かったです。

夕飯までの時間に道具のメンテナンス。乾燥超大事。疲れていても、愛用品のために頑張ります。50日近く持ち歩くので、宿では大々的に干させていただきました。靴の中敷きも定期的に水洗い。

夕飯は18時30分を選びました。

海なので魚介メイン。魚は意識しないと中々取り込めないので、宿で出ると嬉しい。

道を間違えなければもう少しゆとりがありましたが、間違えてしまったものは仕方がない。深く考えごとをして歩くのはよくないですね。と、言いながら最後までちょこちょこ間違えたりしてました。

なんだかんだ、明後日には高知県に入ります。室戸岬が決まらぬまま就寝。

★本日の歩行距離:36.3km

★累計:171.6km

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ
にほんブログ村

よろしければ、応援よろしくお願い致します。

コメント

Copied title and URL