日々感謝。1200kmのへんろ道。【3日目:11番藤井寺*焼山寺延期】

お 遍 路

2020.10.22(木)

歩き人たかちです。

5mm前後の雨予報により、楽しみしていた焼山寺を延期しました。3日目にして早速休養日。

善根宿「鴨の湯」が、温泉施設も含めお遍路さんの受け入れを中止しているとのことで、11番藤井寺近くの「旅館吉野」を予約しました。今日は宿まで3km程移動して、11番藤井寺をゆっくり見ることに。

雨雲よ、どこへ行った…

6:00頃起床。チェックアウトの10:00(現在は9:30)まで宿にいるので、ゆっくりな朝。

外を見に行くと…

あれ、雨降ってないじゃん…

朝の時点ではまだ曇り。7:00になっても8:00になっても曇り。結局、チェックアウトの時間になってようやくポツポツと降ってきました。

ちょっと待て、予報とえらい違うぞ。改めて予報を見ると、今日は1㎜くらいで終わるみたい。なんだそれ。

というか

雨、明日にずれ込んでるじゃないか!

昨日の夜の時点では、明日の朝には晴れ予報でしたが、今日の雨がずれ込み明日の午前中がっつり雨予報になっていました。3~4㎜って結構降るし。

初めの10㎜予報から大きく変わりました。まあ、自然なんてそんなものですね。気にせず今日歩いてしまえば良かったわけです。

しかし、今更そんなことを言っても仕方ないので、今日はしっかり休ませていただきます!

とぼとぼ歩いて「旅館吉野」へ

*チャンネルカン〜スーパーマルナカ〜旅館吉野:3.2km*

宿をチェックアウトし、近くの「江川・鴨川公園」の東屋に行きました。そこでジュースを飲みながら作戦会議。今日は、スーパーで食料を調達してから宿へ、荷物を置いて11番藤井寺をゆっくりすぎるほど見る。

明日は雨だからキャンプ場はやめておくか…。

神山温泉の近くに「コットンフィールドキャンプ場」があります。そこを考えていましたが、雨で地面がびしょびしょだと勘弁なので中止。

ちなみに、神山温泉近くに東家のある公園があるそうですが、1,2年前に野宿禁止になったとのこと。神山町のお店や民家がある範囲では野宿できないと思っていた方がいいです。移住者も多く、今盛り上がりのある街のようなので、野宿も禁止しているのかもしれません。

悩んだ末、大きな山越えなので、豪華に神山温泉に泊まることにしました。go toキャンペーンをやっていなかったら泊まってないです、きっと。ありがたい。

公園では、女性が2人掃き掃除をされていました。「こんにちは~」と挨拶をして少しお話をしました。

「女の子はきぃ~つけなよ~、若い人は特にな、良い人ばかりではないよ~。」と注意喚起されました。「きぃ~つけなよ~」と3,4回言われたので、きっといろいろと知っているのだと思います。特別聞きませんでしたが、若干しょんぼり。

野宿は確かに緊張感も不安もあります。「大丈夫でしょ」という楽観的な気持ちもあるのですが、いざ事件が起きた時、どんなに気持ちが逞しくても私が男性に力で勝つことは不可能です。だからこそ「怖さ」がつきまといます。

野宿場所というのは「どんな人でも来られる場所」なので、余計に「怖い」という感情も出てきます。「女性だから」というのは差別のようで好きではありませんが、やはり男性よりも注意すべきだと思います。

「結願祈っているからね!」とエールをいただき、お別れしました。

すると、11時頃に旅館吉野から電話があり「雨降ってるし、もう宿に来ていいですよ」とのこと。神の言葉を聞いたような気分でした。感謝です。

先にスーパーへ行き食料調達。

燃料とメスティンを持ち歩いていますが、自炊を上手くできずにいます。持ち歩くのに丁度良いサイズのお米があまり売っていなくて、大体1㎏からの販売

スーパーではたまに300gくらいのものもありましたが、どこでにでもあるわけではありません。1㎏はさすがに重量を増やしたくないと思ってしまう…。押し麦も考えましたが、やはりお米が食べたい。

後日お会いする野宿の方は、お米屋さんで必要量だけ購入させていただいたこともあったそうです。お米屋さんも頻繁にあるわけではないですが、ダメ元でお願いしてみたところ快くわけていただいたとのことでした。

鴨島駅近くのスーパーマルナカには確か300gのお米がありましたが、今日は宿だし、明日はキャンプしないし、やめました。

温かいへんろ宿「旅館吉野」

*旅館吉野〜11番藤井寺:700m*

13時前に宿にお邪魔しました。

登山口となる11番藤井寺から歩いて10分程の場所にあります。

焼山寺の前泊、後泊として最高の位置。山越え前日はやはり近場がいいですね。

ご夫婦で切り盛りされています。本当に良いご夫婦で、優しい人柄が滲み出ています。

部屋は和室。写真を撮り忘れましたが、綺麗なお部屋。洗面台が付いていました。ポットも。

お風呂とトイレは共有です。

冷蔵庫のお茶はご自由にどうぞとのこと。自由にお茶をいただけるのは本当に嬉しいです。

夜ご飯を食べるときは、レンジをお借りしました。

この日は5,6人のお客さん。ほとんどの方がお遍路さんです。

何かと気にかけてくださって、心が温まりました。おすすめのお宿です。

料金素泊まり¥4,700
2食付 ¥6,700
洗濯機/乾燥機あり。有料。
wifiあり。

ミニ四国88ヶ所。11番「藤井寺」

13時半頃、藤井寺に向かいました。

もはや、雨はやんでいます。本当に、ちょびっとしか降らなかった。

宿を出るとき、ちょうど逆打ちで焼山寺を越えてきた男性が宿に到着。「早く着いちゃったんですけど、入れますか?」とご主人に聞いていましたが「どうぞ、どうぞ、お疲れさまでした。」と包容力抜群です。

へんろ道で最大の難所といわれる山の麓の宿。ご夫婦の笑顔に力をいただけます。

途中に「メダカの里」という施設?の案内板。

何年か前にできた施設のようです。Wifiのマークもあり、外にはテーブルとイスが。ラジオが流れているので誰かいるようですが、外からは確認できませんでした。

鴨の湯が宿泊できないため、急遽こちらで野宿をさせていただいているお遍路さんもいらっしゃるようですが、あくまでも休憩所のようです。

なぜメダカの販売をしているのか。メダカの販売所に休憩所をつくったのか。

お寺にもすぐに到着。

【 11番 藤井寺 】

 

本尊:薬師如来
宗派:臨済宗妙心寺派
開基:弘法大師

元は真言密教の道場として七堂伽藍を有していたが焼失。江戸初期に再興され、宗派も臨済宗に改められました。江戸中期にまたも焼失するも、本尊は被災を免れました。本尊には「久安4年」の文字が記されていて、88ヶ所では最古の仏像といわれています。

参照:四国お遍路88ヶ所歴史読本
著者:株式会社エディスタ

本堂

本堂にお参りし、天井を見ます。

昨日ゲストハウスで見ていた雑誌に、ここの「雲龍天井画」について書かれていました。30畳という広さに大きく描かれた雲龍。こぼれ落ちそうなギョロリと光る目玉の迫力というか、眼力がすごい。薄暗い本堂の天井で、今にも動き出しそうな雰囲気を醸し出していました。

知らなければ天井を見上げることはなかったと思います。ここの天井画が一番記憶に残りました。

大師堂

お寺にはいろいろあるなと、つくづく。(今更)これを機に、天井にも何か隠されているかもしれないと、本堂や大師堂で天井を見上げるようになりました。

正直お遍路前は、お寺はどこも同じような感じだと思っていました。しかし、こんなに個性のあるものとは。

まだしっかり見れていない部分も多いですが、一番違いを感じるのはやはり「空気」。お寺ごとに空気や雰囲気があって、瞬時に「あ、ここ好き」って思う場所もあります。

建築が好きな人、彫刻が好きな人、仏像が好きな人、何を見るかは人それぞれ。その中で、私は空気を感じて「ここにある自然とお寺と一体になった」という瞬間が好きだと感じました。

明日の12番焼山寺への道を少し下見しようと登山口へ。

焼山寺への道は、1200年前に空海が歩いた時のままの自然が残っている唯一の遍路道です。

入口から「ミニ88ヶ所」が始まっていました。1番霊山寺から順に、小さな祠が登山道に並んでいます。

明日見ることになるので、特に気にせず焼山寺への道を少しばかり歩いていると、下の方で自分が登った道とは違う道から人が出現。

あっちの道はどこに繋がっているのだろうか、と戻ってそちらの方へ歩いてみました。

そこには88番大窪寺の祠が。案内板を見ると、ミニ88ヶ所で山の中をぐるっと回れるようなので、歩いてみることにしました。ゴールから。

奥へ歩いていくと小さな滝。ここの雰囲気がすごく良くて。滝壺の水の色もいいですが、水が流れる岩もいい。自然の一連の流れが美しい。

雨上がりでお寺全体がしっとり。ちょっと不気味さを醸し出しつつ、命を感じる雰囲気でした。自然界において「水は生命の源」。水があるとなんだか落ち着きます。

その向かいに、今度は「西国二十三番」の小さな祠がありました。等間隔に、綺麗に並んでいます。

少し踏み跡のある道も。

88ヶ所の番号を遡りながら山を登って行くと途中に弁財天があり、さらに進んで行くと橋があり、へんろ道に合流しました。

ここが、初めに登った登山口をもう少し歩いた地点。51番の祠で合流していました。

この先は明日のお楽しみ。

51番の祠の横の階段を上がってみると観音像。

後に知ったことですが、50番と51番の祠の間にある祠は、藤井寺の奥の院とのこと。少し奥まって岩に張り付いている感じになっていますが、祠の中を覗くと岩壁が彫られて祭られています。

チラっと見て、これは何だろうか?と思って終わってしまいましたが…。そのくらい、ポツンとしています。

「奥の院なのかよくわからない」というのはここくらいだと思います。へんろ保存協会の地図には記載がありません。英語版の方には記載があるそうです。(Shikoku Japan 88 Route Guide:準備編に少し記載しています。)

藤井寺の案内図にはしっかり記されていました。これも、後で写真を見返して知った…。

来た道を戻り、ミニ88ヶ所巡り終了。

焼山寺の日は山登りに専念するので、今日藤井寺から焼山寺へ歩いていたら完全にスルーしていたと思います。藤井寺をゆっくり見るなら前日に行っておいた方がいいかと。

何より、小さな滝がすごくいいと感じたので、そこをゆっくりと見ることができただけでも満足です。

お風呂は15時から。手足を存分に伸ばせる大きなお風呂でした。お風呂は2つあり、もう一つは少し小さめみたいです。

お遍路の本で明日の行程の詳細を再度確認して就寝。

雨も一緒に延期してしまったので、明日は朝からしっかり雨降りです。もう、どうでもよくなっていましたが…。

★本日の歩行距離:4.6km

★累計:49.9km

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ
にほんブログ村

よろしければ、応援よろしくお願い致します。

コメント

Copied title and URL