アームカバーと腹巻き登山。モンベル「ジオライン L.W.アームウォーマー」

山 の 道 具
Processed with Rookie Cam

歩き人たかちです。

近年、高山が暑い・・・

個人的に、酷暑だらけだった2018年の夏から高山が一段と暑くなったような気がします。あの夏は本当に暑くて、「今年は暑くてしょうがない。」という北岳山荘のスタッフさんの言葉も印象的でした。

“山では肌を露出しない”

機能的なウェアやアイテム、UL化が席巻する中、これが絶対の時代ではい。場所や季節によって自由気ままなファッションで山を楽しむ昨今。暑い中、無理に長袖を着ていると危険さえ感じるレベルになっています。

今回は、女性には特におすすめしたい、半袖長袖自由自在の「アームカバー」についてご紹介します。おまけで「腹巻き」も。

アームカバー導入の経緯

女性には簡単ではない"脱ぎ着"の問題。

長袖のアンダーウェアに半袖を重ねていると、暑いからといってその場でサッと着替えられるわけではありません。

「あちー!あちー!」と言いながらさっと着替えていたり、薄いアンダーウェア1枚で登る男性を羨ましい眼差しで見つめている私。

少しでも脱ぎ着を楽にするために「半袖+長袖シャツ」というスタイルの人も多いと思います。

しかし、これだと私には"暑いと寒いが極端"だと感じます。暑くなってザックを下ろして、寒くなってまたザックを下ろして・・・もっとラフに、自由に調節したい。いつもウィンドシェルを持ち歩くので、シャツを着るのも違うなーと。

*上記のTシャツはモンベルのご当地Tシャツで、北アルプスの「三俣山荘」のもの。鷲羽岳の中に動物が隠された愛らしいデザイン。ご当地Tシャツはほとんどが男女兼用のみですが、三俣山荘のものは女性用があります!男女兼用では大きい…という方はぜひ◎

そこで、モンベルの「ジオラインL.W. アームウォーマー」を使い始めました。

3000mといえど、天候によっては暑くてどうしようもないことも多々あります。そんなときは、さっと下ろせば半袖に、さっと上げれば長袖になるアームカバーがとてつもなく便利。

また、女性の場合ブラジャーという暑いアイテムを身につけなければなりません。

この1枚が本当に暑い。

アームカバーを使用することで「ブラ+アンダーウェア+半袖」という3枚重ねを回避。

近郊の日帰り低山などでは、アンダーウェアは着なくてもいいや!という方も割と多いのでは?暑いからアンダーウェアは着たくない、でも腕はカバーしておきたい。そんな悩みもアームカバーが解決。

しかし、"アンダーウェアを着ないと落ち着かない"という女性も多いと思います。私自身も基本は着る派なのですが、アームカバーを導入してから"ブラトップ"の使用が増えました。これなら「ブラトップ+半袖+アームカバー」で涼しさUP。

ブラトップは温泉後など下山してから使用していましたが、ブラトップ登山が気楽で気に入っています。夏はモンベルの極薄アンダー"クールメッシュ"素材のものを使用することが多いですが、icebreakerにはウールもあるので、今後縦走などに使用してみたいと思っています。

↓モンベル「クールメッシュキャミトップウィズブラ」↓

【モンベル】ジオライン クールメッシュ キャミトップウィズブラ
高機能素材ジオライン®をメッシュ地に編み上げ、抜群の通気性と速乾性を実現したアンダーウエアです。軽やかな着心地のメッシュ地なので、暑い季節も熱がこもらず、肌との接触面積が少ないためべたつきもありません。抜群のストレッチ性を備え、体に心地よくフィットするシルエットを採用。強力な防臭効果を備え、効果は半永久的に持続...

↓icebreaker「サイレン ブラキャミソール」↓

サイレン ブラキャミソール(レディース)(IUW61970)- icebreaker公式通販
アイスブレーカーのサイレン ブラキャミソール(レディース)(IUW61970)- ゴールドウインが運営する公式オンラインストア。公式ならではの品ぞろえで新商品、セール・アウトレット品がどこよりも早く入手可能。

アームカバーの導入は"近年の暑さ""女性としての暑さ"が大きな理由。簡単に体温調節をしたい、少しでも着る物を減らしたいという方は、検討の価値ありです。

基本情報と使い心地

先に、使用しているアームカバーのご紹介。

モンバルの中でもいくつか種類がありますが、とりあえず使ってみようということで購入したものが「ジオライン L.W. アームウォーマー」

モンベルのジオラインのアンダーウェアと同じ素材で、腕だけ切り落としたようなもの。

素材ポリエステル
*UV加工あり
重量平均33g
サイズ
男女兼用
(上腕囲)
S:22〜26cm
M:26〜30cm
L:30〜34cm

3年程使用したSサイズの実測は26g。

長さは38cm。二の腕部分のゴムは平置き約11cm、手首部分は平置き約7.5cm。

自分の二の腕周りが22cm。Sサイズで緩くもなく、きつくもない装着感。購入当初に比べると、全体的に少し緩くなったと思いますが、ゆるゆるでずり落ちてくることは今もありません。

二の腕部分のゴムは1cmの幅があり、ゴムに圧迫されるような感じは特にありません。

縫製は他のウェアでも採用されている「フラットシーマー」という技術。縫い目をできる限り平らにして縫製箇所のゴロつきを無くし、肌当たりが強くならないように処理されています。

手首の部分は、縫い始めと縫い終わりが重ならないよに斜めに縫われた「スパイラルスランテックカフ」という技術。縦横の縫製箇所が全て集まると厚みが出てゴロつくため、螺旋状に縫われています。また、螺旋状に縫うことで生地の伸び率が向上。

二の腕部分はゴムが挿入されている関係で、普通の縫製となっています。

アンダーウェアの素材なので、擦れや引っかかりには強くありません。

3年程使用してほつれまくり。醜くて申し訳ないですが、穴あきや破れはないのでまだまだ使えます。

ジオラインは速乾性とともに"保温性"も備えます。繊維間に空気を溜め込む構造であり、また、身体から発せられる熱に反応して自己発熱をします。そのため、暑い時期用の"クール系"のアームカバーに比べると暑さを感じると思います。商品名が「アームウォーマー」でもあるので…

私は「3シーズン使用」「夏は主に高山で使用」の2点を考慮してクール系ではないこちらを選びました。

以前、他メーカーのクール系素材でできたアンダーウェアを使用していたとき、濡れたあとの異常な冷たさを感じたことがあります。天候があまり良くないとき、不意に慣れてしまったときに、寒い(冷たい)とならないようにジオラインにしました。

暑いときは水で濡らすとひんやり。速乾素材は吸水拡散が早く、気化熱で水分とともに熱もどんどん放出されるので、濡らすと一気に涼しくなります。

保温性もありますが、生地自体はこのように薄手。使いすぎて多少薄くなっていますが、風通しがいいのでオーバーヒートということは今のところありません。

ストレッチ性があるので、腕入れもストレスなし。

アンダーウェアでもそうですが、使用頻度高めで長年使用していると生地が薄くなるので、購入当時の柔らかい肌触りがなくなってきます。10年くらい使用しているジオラインのアンダーウェアにはザラつき感が。アームカバーも少々ザラついてきました。

化繊でもコットンライクな肌触りのものが多いですが、使えば使うほど化繊が目立ってくるような感じです。肌の弱い方、化繊が苦手な方は気になるかもしれません。

以前はスマートウールでウールのアームカバーがラインナップされていたようですが、現在はないようで。肌寒い時期には良さそうなのでちょっと残念。

アームカバーのおすすめ理由

カバーしながら「爽快感」

わざわざアームカバーをしなくても、半袖やタンクトップのアンダーウェアに長袖を着て腕まくりすればいいのでは?

こう思う人もいると思います。

しかし、"爽快さ"が全然違う。

アームカバーにすることで、袖部分から直接空気が入ってきます。"生地を通してではなく直接"これが涼しさの大事なポイント。

長袖だと空気が直接肌に当たらないので、そこまで涼しくありません。このちょっとした違いだけで、爽快感、清涼感が大きく変わります。

山歩きを始めたときから、長袖は使用していません。冬の低山も、基本は長袖のアンダーウェアに半袖で行動します。長袖の使用は襟シャツのみ。

「重い」「体温調節がしずらい」ということが、長袖を犬猿している理由です。

半袖長袖、自由自在

アームカバーのポイントはやはりこれ。

半袖、長袖が自由自在。

暑ければ下ろす、寒ければ上げる。ザックを背負ったまま体温調節をできるのは最強です。

いつどこで暑くなるかわからないし、寒いと思って着てもすぐに暑くなりがち。

手首にそのままだらんとさせておいてもいいし、それでも暑ければ取ってしまう。サコッシュに入れても邪魔ではない。

休憩以外でザックを下ろすのは結構、かなり面倒な作業ですが、これでストレスフリー◎。

荷物の軽量化

縦走やロングトレイルではなるべく重量を減らしたい。それに加え、ロングトレイルでは洗濯後の"速乾"を重視します。

アームカバーがあれば、タンクトップ、キャミソール、半袖のアンダーウェアなどを着用できるので、着替えを持つ場合も重量を抑えられます。

また、持ち歩くウェア1枚1枚の生地面積が少なくなることで、乾きも早くなります。ロングトレイルでは乾かなければザックに吊るして干しながら歩くので、一つひとつが"小物"であることも重要。

ロングトレイルで初めて歩いたスペインの巡礼路を振り返ると、今なら半分くらいの荷物で歩けるだろうなと思ったり。でも、その経験があるからこその今。

アームカバーとってもおすすめです。

アームカバーの選び方

ゴムのきつさ

サイズが合うかどうかに加え、アームカバーで特に気にしていただきたいのが"ゴムのきつさ"

長さやフィット感がちょうどよくても、ゴムが緩い、きついということであればNG。

特に"きつい"という感覚に対して少しでも違和感があるものは避けた方がいいです。締め付けられることにより、血流の妨げになってしまいます。末端冷え性の方は特に。

また、筋肉のつき方などにより左右の腕の太さが異なる人も多いと思います。そのため、できれば両腕の試着がおすすめ。利き腕の方が太いことが多いと思いますが、両腕問題ないことを確認した方が間違いないです。

本体の長さ

長さでは"Tシャツの袖に隠れるか"がポイント。

Tシャツは特に、メーカーやモデルにより袖の長さにバラつきが多く、極端に短いモデルもあります。

アームカバーの上部が袖に隠れない場合、裾とアームカバーの間だけ日焼けをするという悲しいことに。手持ちの半袖の中で一番袖丈の短いものに合った長さを選ぶといいと思います。

手首に関しても、手袋で覆えるかチェックすることで、より完璧な日焼け、防寒対策に。

素材・形状

素材はポリエステルを中心としたものが多いですが、夏用のクール系のものから保温性のあるものまで様々。また、ストレッチ性やUV加工の有無も様々です。

夏しか使わない、とにかく涼しさを保ちながら露出を防ぎたいという方は"クール""極薄"というタイプがいいと思います。

上記で述べましたが、私自身は3シーズン長く使用するため、クール系ではない保温性が多少あるタイプを使用しています。

簡易的なアームカバーの場合は、UV加工がされていないこともあるので要チェック。「黒は熱を吸収しやすく暑い」と言われますが、UV加工がされていても白の方が比較的日焼けはしやすくなります。また、白は光を反射しやすいので、Tシャツやアームカバーが白いと顔を日焼けしやすくなるという落とし穴も…。

形状に関しては、肌にピッタリフィットするものから、日常使用向きでゆとりを持たせたタイプもあります。その他、親指を通せるサムホール付きのもの、手の甲まで覆えるもの、手袋と一体になっているものなど多くの種類があります。

山で使用するタイプはほとんどが手首までですが、目的によってベストなものを。

アームカバー登山の注意点⚠︎

アームカバー登山の注意点としては、やはり"持ち忘れる"ことと"外しているときに落とす、無くす"ということ。

昨年、北アルプス4泊5日の山行時に忘れてしまいました。現地でつけようと思いつつ、家におきっぱなしで出発。稜線に出て、そろそろつけるかと探すも、ない・・・。

ウールの長袖アンダーを1枚持っていましたが、かなりショックを受けました。とりあえず日焼け止めを塗って歩きましたが、連日非常に天気が良く、3000mの紫外線にやられ、腕は火傷のように水疱ができる悲惨な状態に。3日目から長袖アンダーを着ましたが、もう暑くて仕方がない…。

それ以降は、忘れないよう腕にだらりとつけて出発しています。

また、手袋やサングラス同様、取り外したときの紛失も多い小物の類。取り外したときは即座にジッパー付きのポケットへ。入れる箇所を決めておくことを推奨します。他のものを取り出す際に落とさないことにも要注意。

とても便利なアームカバーですが、このあたりにはちょっと気を遣います。

現在のアームカバーがボロボロになった際は、モンベルの「サイクルアームカバー」を考えています。アンダーウェア素材よりも耐久性があり、高いUVカット効果。ジオラインよりもピタッとフィットする着け心地でした。

↓モンベル アームカバー/アームウォーマー↓

モンベル | オンラインショップ | アームカバー/アームウォーマー

おまけ。腹巻き登山

アンダーウェアは暑い、でも、何も着ないのもなあ…とか、お腹は冷やしたくないという方におすすめなのが「腹巻き」

腹巻といえば冬のイメージですが、オールシーズン使える薄手のものも存在します。

私が使用しているものは、上記アームウォーマーと同じ素材のモンベル「ジオライン L.W. ウエストウォーマー」

素材ポリエステル99%
ポリウレタン1%
重量平均32g
サイズ
(ウエスト)
男女兼用
S:57〜71cm
M:71〜85cm
L:85〜99cm

Sサイズの実測は27gと非常に軽量。平置きで長さ38cm、横幅25cm。

アームウォーマー同様、ジオラインの薄手アンダーウェアの胴体部分だけを切り落とした感じのもの。

ストレッチ性が非常に良く、伸びは十分。

男女兼用で、自分には少々長くゆとりがあるのですが、折り返して使用しています。

腹巻きもアームカバー同様、暑ければ下ろすor脱ぐ、寒ければ上げる、と自由自在。予備の防寒として持ち歩くにも便利なアイテム。

暑いとはいえ、ちょっと寒気を感じるときもある。そんなときの強い味方。体幹を温めるだけでもだいぶ変わるので、「腹巻き登山」おすすめです。

冷房での冷えにもありがたいアイテムなので、職場や日常使用でも大活躍。

ちなみに、冬には厚手の「スーパーメリノウール EXP.ウエストウォーマー」を使用。これ、ものすごく温かいので、寒がりさんには非常におすすめです。

長く使用していると"緩み"が出てきます。ウールの方は洗濯すると多少元に戻りますが、薄手の化繊は割と消耗品。これは仕方がないかなと。

↓モンベル「ジオライン L.W. ウエストウォーマー」↓

【モンベル】ジオライン L.W. ウエストウォーマー
一年を通して使用できる薄手のウエストウォーマーです。体に心地よくフィットし、ストレッチ性に優れるので、体の動きに追随し、ズレにくくなっています。二つ折りにして使用することも、広げてお尻まで覆うこともできる長めの丈に設定しています。

体感温度、暑がり、寒がり…人によって様々なので、必ずしも全員が同じレイヤリングをする必要はないと思います。機能やリスクなどの基本を理解した上で、自分に合ったスタイルを試行錯誤する。いろいろなものを組み合わせて考えることが醍醐味。

汗をかくのもエネルギーを使います。汗をかかないようにゆっくり、といっても酷暑の中でそれは無理。どんなにゆっくり登っても汗は出る。それならば、ウェアを少しでも工夫するしかない。

山も暑くて参る、でも寒さ対策は必要だし…と悩んでいる方は、アームカバーや腹巻きを検討してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
にほんブログ村

よろしければ、応援よろしくお願い致します。

コメント

Copied title and URL