中央分水嶺トレイル②【美ヶ原ー八島ヶ原湿原】

ロ ン グ ト レ イ ル

2020.8.28-8.30

歩き人たかちです。

昨日は、20分でサクッと美ヶ原に登頂し、山本小屋に宿泊。2日目は、美ヶ原から霧ヶ峰へと続く山々を繋ぎ歩き、八島ヶ原湿原を目指します。

美ヶ原一帯は高原牧場となっているので、登山というよりもハイキングや観光目的の人が多め。幅広い年代の人が好きなように楽しめる懐の大きい百名山です。

今ではビーナスラインで楽々ですが、この開通には大きな反対運動がありました。そんな歴史に寄り添いながら、残暑の中を歩きます。

霧ヶ峰のことやビーナスラインの建設に関する本では、新田二郎の「霧の子孫たち」がとても面白いです◎

行程
———–

1日目

天気:曇り☁︎時々雨☔︎→晴れ☀︎

松本駅ー美ヶ原自然保護センター▲王ヶ頭ー塩クレ場ー美しの塔ー山本小屋

▲コースタイム:1時間25分
———–
2日目

天気:晴れ☀︎→薄曇り☁︎

山本小屋ー塩クレ場ー茶臼山ー扉峠ー三峰山ー和田峠ー鷲ヶ峰ー八島ヶ原湿原ーヒュッテみさやま

▲コースタイム:7時間50分
▲歩行距離:約16km
———–
3日目

天気:曇り☁︎時々晴れ☀︎

ヒュッテみさやまー沢渡ーころぼっくるヒュッテー車山湿原ー車山乗越ー信濃路自然歩道経由ー白樺湖

▲コースタイム:2時間45分

牧場を抜けて。美ヶ原ー扉峠

*山本小屋ー塩クレ場ー茶臼山ー扉峠:CT 2時間35分*

5時起床。布団の中でぬくぬくしていましたが、バッと飛び出して日の出を見に行きました。

日の出が5時13分。

素敵な朝の始まり。朝日とともに一日をスタートするのはやっぱりいいですね。山本小屋から見られます。

朝食を食べたらすぐ出発できるように準備して食堂へ。スタッフさんが元気いっぱいでした。

朝はパン食。パンとコーンスープと牛乳はおかわり自由です。さすが高原牧場、牛乳が美味しくておかわり。スープもおかわりをいただきたかったですがお腹いっぱい。

8時5分出発。土曜日ということもあり、既にハイカーや観光の方が結構いました。

牛さんおはよう。

昨日通った"塩クレ場"まで戻り、牧場脇から茶臼山方面へ。牛たちにさよなら。

 

初めは柵の横を歩きます。

 

高原の朝は気持ちがいい。

トレイル上の1座目は"茶臼山"で、塩クレ場から3.2km。

急坂は特になく、最後に1km弱くらい山道を行き山頂へ。

「名鉄ハイキング」の旗がところどころにありました。このトレイルの踏破ツアーをやっているツアー会社もあります。

茶臼山に到着◎

展望よし!

土曜日なのでハイカーもいますが、この辺りはとても静か。扉峠の駐車場から茶臼山、美ヶ原と日帰りで登りに来る方もいます。美ヶ原は登山というよりハイキングなので、物足りない方は扉峠や三城荘、桜清水コテージ付近は駐車場があります。

次のポイントは"扉峠"。茶臼山から下り一度車道に出ます。

いいですねー。

茶臼山からの下りは徐々に急になります。笹についた朝露で岩や石が濡れていて、全体的に滑りやすい土の斜面。ツルっといかないように。

 

 

 

急坂を下り続けると緩やかになってきて、残り0.4kmの道標。ちょっと腰を下ろせる空間。

ここまでくると扉峠にある駐車場とレストランが見えます。ここからまた急坂になり、一気に扉峠へ。

扉峠から茶臼山へはぐっと登る感じですね。

ゴロゴロした石の道。

車道に出ると「きのこ汁」の幟があり、その先に扉峠の「和風れすとらん扉」があります。しかし、シャッターが閉まっていました。営業しているのか、閉店しているのかわからない。

ここに自動販売機があるという情報を見ましたが、ありませんでした。トイレはあるので、ツーリング方も休憩中。

*2019年より休業しているようです。また、自動販売機も撤去されたようで…

ここで水分補給をできると思って結構飲んでしまいました…。調査不足でした。水を節約しながら進みます。

このあとは"三峰山"を経て"和田峠"へ。和田峠には「農の駅 和田峠茶屋」があり、水を補給できます。

アップダウンが地味に続くので、最終的には2L以上飲みました。和田峠まで水場がないので、夏は初めから2Lくらい持っていた方がいいですね。車道を500m程歩き、再びトレイルへ。

山と峠と。扉峠ー鷲ヶ峰

*扉峠ー三峰山ー和田峠ー鷲ヶ峰:CT 4時間*

トレイルへ。

トレイルはビーナスラインに沿っている箇所も多く、休日はツーリングの方が結構いるので、賑やかです。静かに歩きたい人は平日がおすすめ。

木陰のトレイルでクールダウンしながら歩きます。ちょっとずつ勾配は急になり、気温も上がり暑い…

 

樹林帯を登り切ると、一気に視界が開けました。

左奥の丸っこい山が三峰山。高原っぽい風は吹いていますが、まだ8月。大して涼しくありません。

 

 

丸っこい稜線を登って、三峰山に登頂◎

景色は素晴らしいですね。

三峰山を下り、トレイルを少し逸れたところに三峰山展望台駐車場があります。そこから三峰山までちょっとした登山を楽しむ方も多いようで。

駐車場には「三峰茶屋」があり、お土産や軽食も。明らかに水分補給ができる機械が見える…

しかし、そのためにはトレイルを逸れなければなりません。しかも帰りは地味な登り。ジュースをグビッと行きたいところですが、往復が面倒だなーという距離感なのでスルー。

ここから少し好展望区間。しかし、それは暑いということ。サコッシュにぶら下げた温度計は30度。多少の誤差はあると思いますが、そりゃ暑いよね…

トレイル上には、ところどころ「中央分水嶺トレイル」の道標があります。

とても歩きやすい。

下草からの熱気がもわっと。

夏。

地味なアップダウン。

夏場のアップダウンは辛いというか、苦しいですね。

展望区間が終わりそうです。

下りきると"旧和田峠"に着きました(写真忘れた)。大きな看板のある場所で、"中山道"と交差しています。

道が3方向にありますが、中央分水嶺トレイルの道標は三峰山方面のみの記載で、あとは中山道の道標。

トレイルは中山道の"西餅屋"方面とは反対方向なので、中山道の"和田宿"方面に下ります。中山道の大きな看板の奥に登りの道があり、地図上ではそれが"和田峠"となっています。地図では、和田峠を越えてトレイルに合流できそうですが、登った方に話を聞いたところ「登れるけど先へ行けない」らしい。

和田宿方面へ緩やかに下ると車道に出て、農の駅が見えます。

 

「和田峠茶屋」に到着。

やっとガブ飲みできる…ソルティライチを一気飲み。生き返るーーーーー。水も購入できます。

和田峠茶屋は軽食もあり、きのこ汁もありました。この辺りの名物のようですね。おにぎりセットとかもあるようです。暑さにやられて固形物が入らないので、ひたすら水分を補給。

休憩していると、扉峠を過ぎたところでお会いした男性がやってきました。先に進んでいたので、あれ?と思ったら、中山道の看板の奥の道を進んだけど、先へ行けずに戻ってきたとのこと。

男性も扉峠で水を補給できると思っていたようで、「暑くて結構飲んじゃって、助かったー」と。

木陰でしばし休憩して出発。

車道を少し歩いていくと、最後の山"鷲ヶ峰"への分岐があります。「よし、ラスト!」と登り始めますが、ここが一番辛かった。

最初の方はまだいい、暑いけど。

どんどん勾配が急になります。

 

足元からだんだん笹道になり、登山道も狭くなり、そして覆われた。前方から人がガサガサ来たら、人なのか熊なのかわからなくてドキっとする。

雑誌では「鷲ヶ峰の展望最高!」と紹介されていたので期待して登り始めましたが、それは霧ケ峰側から登った場合。美ヶ原方面から登ると山頂まで展望はなく、急坂をひたすら登ります。

この辺鹿も多いし、マダニ大丈夫かなーガサガサ、ガサガサ…

いやほんと暑いな、ガサガサ、ガサガサ…

早く着いてくれーガサガサ、ガサガサ…

 

視界がひらけて、鷲ヶ峰に到着◎

暑かったー。

ここまで細かい地味なアップダウンを繰り返してきましたが、鷲ヶ峰で今日の登りは終了。あとは下るのみ。

湿原。鷲ヶ峰ーヒュッテみさやま

*鷲ヶ峰ー八島ヶ原湿原ーヒュッテみさやま:CT 1時間*

こちら側の展望は◎。これは紹介したくなりますね。八島ヶヶ原湿原から登っている人は多かったです。

 

 

八島湿原の駐車場が見えます。

一気に下山しました。早かった。

分岐を八島ヶ原湿原の方へ。

13時半頃、"八島ヶ原湿原"に到着。

みなさんゆったり散策する中、汗だくで歩くのが恥ずかしいけど、木道が優しい。

ヒュッテみさやままでは約1kmで、念願のランチに間に合います。

多くの花は時季を終えていますが、秋の花がポツポツ咲いています。

美ヶ原から牧場、樹林、稜線、湿原とたくさんの風景を楽しめました。トレイルは山域の広さを感じられて、"繋がる自然"を見ることができていいですね。アルプスなど、高山の縦走とは違う面白さ、苦しさがあります。

アップダウンがしっかりあり、美ヶ原方面からだと"鷲ヶ峰"、霧ヶ峰方面からだと"茶臼山"への登りが一番きついのではないかと思います。

夏は非常に暑いので、初夏や秋が一番歩きやすい季節ではないでしょうか。いずれにせよ、水分は十分お持ちください…

湿原は少しオレンジ色に染まり、秋の気配。

人間は「暑い暑い」と文句を言い、夏が終わると逆に夏を惜しんだりしますが、自然は気温の変化や太陽の動き、風、空気など些細な変化を感じて、着々ときたる季節へと準備を進めます。

自然災害に耐え、文句一つ言わない自然を見ていると、自分が情けなくなる思いです。暑いものは暑いんですけどね…でも、もっと自然に寄り添って、微妙な変化を感じとって生きていきたいなとしみじみ。

サラシナショウマ。尻尾みたいな花。

霧ヶ峰は本当に植物の宝庫。花をゆっくり見て歩くのもいいですね。

湿原も緑もすべて美しい。

 

「ヒュッテみさやま」の看板がありました。

以前霧ヶ峰に訪れたとき、また来るときはここに泊まると決めていた山小屋です。ここに泊まって、霧ヶ峰から美ヶ原へトレイルを歩く方も多いようです。

ヒュッテみさやま

14時頃、到着!

佇まい、雰囲気がとても素敵。展望はないですが、森の音、空気が静かに流れている心地よさに惹かれました。

 

お目当てのランチをいただきます。

ランチはカレーか、きのこピラフ。

どんな高級料理を食べるより、山に登って食べるカレーが最高に美味しい。和田峠でのソルティライチもそうでしたが、身体に沁みわたるとはまさにこのこと…。細胞と血が喜んでいます。活力。血肉。

テラス席が断然おすすめ。

チェックインは16時なので、そのまま外のテラスで待たせていただきました。

 

本当に素敵な山小屋です。

ヒュッテみさやまは、三井さんご夫婦と娘の香歩ちゃんの3人で小屋番をされています。

ご主人は小屋番10年目とのこの。先代のご主人が小屋を閉めるとなったときに、ご縁があって小屋を任せてもらったそうです。個人経営ではなく「KiNOA合同会社」が運営しています。小屋が無くならなくて良かった。

ご主人は小屋の雰囲気にぴったりの優しい方で、奥様もほんわか明るくて、香歩ちゃんは人見知りせず、とても愛嬌のある可愛い娘さんです。現在1歳9か月ということで、自己主張で喋り出しています。アイドルです。

 

自分の家にこんな部屋があったらなあ…

お風呂はシャワーのみの対応になっていました(2020.8.29時点)。家族風呂のような感じで、貸切で順番に入ります。

「美ヶ原から縦走してきてお疲れでしょう。一番にどうぞ。」と言ってくださったので、お言葉に甘えて。

本もたくさん置いてあります。小屋の中に本棚が3,4箇所ありました。本好きにはたまらない空間ですね。

辻まことさんや串田孫一さんの古い本もあり、連泊してゆっくり過ごしたい山小屋。

ランチが14時を過ぎる予定だったので、夕食なしで予約しました。案の定大してお腹は空かなかったのですが、夕食もとても美味しそうでした。

このときは自炊室も使用中止。「お湯が必要であれば言ってください」とのこと。外のテラスは火器を使用していいそうです。

カフェは15時までの営業ですが、宿泊者は消灯の22時まで利用できます。夕食が終わったタイミングでパウンドケーキのセットをいただきました。珈琲もケーキも美味◎

小屋も素敵ですが、何よりご夫婦の人柄に惹かれます。この日は常連の方と、もう一組と私の3組でした。ふかふかの布団でぐっすり夢の中へ。

3日目の最終日は、車山湿原の方へ。ずっと食べたかった"ころぼっくるヒュッテのボルシチ"を食べ、白樺湖に下山します。

*ヒュッテみさやま*

ヒュッテみさやま トップページ

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

よろしければ、応援よろしくお願い致します。

コメント

Copied title and URL