日々感謝。1200kmのへんろ道。【コロナの現状・準備編】

お 遍 路

はじめに

学生時代、スペインの巡礼路を歩き、それをきっかけに「歩き中毒」になりました。熊野古道、北根室ランチウェイ、京都一周トレイル、六甲山全山縦走、ニュージーランド…。「道」を探して歩き始めましたが、学生時代の心残りが一つ。それが「お遍路」。毎日30km歩いても40日。当時は野宿という発想はなく、学生の自分には金銭的に厳しいと思いました。いつか歩こうと誓った道。ようやく1歩を踏み出せました。

ロングトレイルの一環として歩き始めたものの、それとは一線を画すものでした。今までの道は「歩いている」という感覚でしたが、ここは「歩かせていただいている」という感覚。それほどまでに、周囲の方々に助けられ、支えられ、応援され…。毎日これほどまでに「感謝」をしながら生きたことはありません。でも、それは生きる上で一番大事な心。

人は古来より自然の恵みに感謝してきました。人は支え合い、その優しさに感謝して生きてきました。祈りだけではない、人として一番大事な心がここにある。だからこそ、人はへんろ道を歩き続けるのだと思います。お遍路は「人の文化」であり「心の文化」。そんな、日々感謝した46日の物語を1日ずつ綴りたいと思います。

コロナ禍のお遍路について

コロナ禍のお遍路事情

※2020年10月中旬~12月初旬時点

コロナにより、お店や宿では休業、廃業が相次いでいます。少し前まで営業していた宿やお店が突然閉業していたり、HPに記載がなくても営業していないお店があったり…。宿や食事処、食料品店などが1,2軒しかないような小さな街は特に注意が必要で、事前に電話で確認することが安全策です。また、地元の方は、今後廃業になるところがもっと増えるだろうと話されてていました。それほど大打撃を受けています。

観光地以外では、ほとんどお遍路さんしか宿泊しないような宿もあります。歩く人が一気に少なくなり、営業が危ういところがたくさんあります。それでも「ここが無くなったら歩く人が困るから」と、リスクを抱えながら営業を続けてくださっている宿もあります。

県外から来てほしくないという住民の方ももちろんいらっしゃいます。しかし、お遍路の文化、特に歩き遍路の文化がなくなってしまうことを危惧している方がたくさんいらっしゃることも事実。「コロナに負けずに歩きに来てほしい」と話す方も多かったです。自分ができる最大限の対策をして、感謝の気持ちを伝えながら歩いていただけたらと思います。

訪日の方は全くいない状況、団体のツアーも少なめということで、静かに歩けたのは事実。地元の多くの方に「静かに歩けて、本来のお遍路を感じられるね。」と言われました。コロナ前は特に歩きブーム、お遍路ブームになっていたので、その点では情緒豊かなお遍路でした。

宿泊施設

民宿や旅館の他、宿坊、通夜堂、善根宿に関しても、お休みしているところが多いです。こちらに関しても、事前に電話で確認することをお勧めします。

個人の方が開いて下さっている無料宿泊施設なども「しばらく宿泊を中止します」となっている場所が多いので、泊まれなかった場合の代替案を常に考えながら歩く必要があります。

このような状況なので、宿のみで歩く方の方が苦労している印象でした。私は野宿用にテントを持ち歩きました。休業の宿が多いと、営業している宿に予約が集中して満室になります。宿も宿泊人数を限定しているので尚更。電車で少し先、あるいは戻って泊まり、翌日の始発で前日の地点からスタートする手段を取っている方も多くいらっしゃいました。荷物は重くなりますが、最悪野宿できるようにしておけば何かあっても対応できます。

お接待所

お接待所に関しては、ほとんどの場所で「お接待はお休みします」という貼り紙がありました。ご高齢の方を中心にお接待をしてくださっている場所が多いため、これは致し方ないです。それでも、自宅でのお接待を続けてくださっている方もいらっしゃって、本当に感謝の一言に尽きました。

宿やお店だけでなく、お寺も危機であるのは一緒。巡拝者の減少により、お寺の収入も落ち込み気味とのこと。そのため、へんろ宿で「おへんろリレー」というものが開催されていました。宿の方がへんろ道を歩いてお参りし、次のへんろ宿へとバトンを繋いでいくというもの。

今は車やバス、タクシーで周る方も多いですが、根本にあるのは「歩きへんろ」。これが無くなってしまっては、お遍路の文化が無くなったといっても過言ではありません。四国の方々はお遍路の文化を本当に大切にされているので、歩く文化を絶やしてほしくないと思いました。

コロナにより、ネットにある情報とはまるで違うことが多々あります。状況は日々変化し、最新情報は現地でしか確認できないため、直前の確認がとても大事です。

お遍路での野宿

お遍路の文化とともにあるのが「野宿の文化」。といっても、野宿が公に認められているわけではありません。四国で(日本で?)公認の野宿場所はたった一箇所、大洲市の「十夜ヶ橋」の下。四国での野宿は、お遍路文化に対する住民の方々の理解があるからこそ成り立っています。迷惑に思う方ももちろんいらっしゃるので、マナーは絶対に守ってください。

主な野宿場所

■へんろ小屋 ■公園 ■道の駅 ■橋の下 ■川岸 ■海岸 ■キャンプ場
■許可されている施設の軒下や広場 ■バス停 ■無人駅 ■通夜堂 ■無料宿泊所
 

以前に比べ「野宿していいですよ」という場所は少なくなっています。特に道の駅は要注意。最近、宿泊禁止にしているところが増えています。実際に、何ヶ月か前のブログでは宿泊可であった道の駅でテントの許可をいただこうとしたところ、「ちょっと前に禁止になりまして…」と断られました。野宿者のマナーが悪いとか、トラブルとか、住民からの要請によって禁止にしている場所がとても多いようです。

お遍路の野宿では有名な「萩森リスト」

2日目に泊まったゲストハウス「チャンネルカン」でいただきました。ゲストハウスやへんろ宿にちょこちょこ置いてあるそうです。へんろ宿の方から「萩森リストは持ってる?」と聞かれることもありました。

いただいたものは令和2年1月31日時点のもの。まだコロナが蔓延する前です。なので、載ってるけどやってないとか、最近禁止になった場所もありました。やはり確認が必要です。

女性の野宿に関して

コロナにより歩き遍路が激減し、訪日の方もいないため野宿者自体少なかったです。女性の野宿者は1人お会いしたのみ。地元の方に何度か「気を付けなよ~若い女の人は特にね。良い人ばかりじゃないからね~」と注意喚起されました。女性だから危ない、男性だから安心ということではなく、野宿であればどこでも誰でも危険が伴います。しかし、狙われやすいのが女性であることは否めません。

幸い、私は危ない目に合うことなく歩き通せましたが、女性男性に限らずお遍路さんの事件はちょこちょこあるようです。「表には出ないだけで、いろいろあるからね。絶対安心っていう場所はないから。」と、地元の方やへんろ宿のご主人からもお話をお聞きしました。歩いているとき、人の少ない場所での事件もあります。住民の方も、1人助けたら全員助けなければなりません。野宿者は、事件が起きることで住民の方々に迷惑をかけてしまうことを常に考えて行動する必要があると思います。地元の方しか知らないこともたくさんあるので、都度、情報を聞きながら判断すると良いと思います。

私自身、出発前は頻度多めで野宿をしようと思っていましたが、実際に野宿をしようとするとやはり緊張しました。山のテント場やキャンプ場とは違います。「野宿はしないでくれ」という夫からの要望もあり、基本的にはキャンプ場を利用しました。四国には無料のキャンプ場も多くとても助かりましたが、無料だと管理人さんはいないし、出入りも自由なので野宿と変わりません。

通夜堂や善根宿の利用についても同様。女性、男性関係なく利用できるので事件が起こりやすい環境です。中には女性が初めに申し込んでいたら男性はお断り、男性が先であれば女性はお断りという場所もありますが、そのような場所は数える程。通夜堂はどこも予約はできず一か八かなので、代替案を考えていました。

何はともあれ、野宿は自己責任です。四国の方々の優しさに包まれ過ぎて事件に巻き込まれるとは考えたくないのですが、頭の片隅には置いておく必要があります。

出発までの準備あれこれ

地図

お遍路を歩く上で大切なものは地図です。今回使用したのは、一般社団法人へんろみち保存協会が発行している「四国遍路ひとり歩き同行二人」の地図編。

歩き遍路の中では定番の地図であり、宿やへんろ小屋、コンビニ、スーパー、温泉などの情報が記載されています。私が購入したときは2016年版が最新でした。4年前の地図だったので、宿や食事処、スーパーやコンビニなど、記載と違うことが多々ありました。道路が新しくなっている場所もありました。現場は常に変化しているので、Googleや地元の方、他のお遍路さんに最新情報をいただいて歩きました。最新版でも、コロナ禍では休業廃業の変化が著しいので要注意です。

ただ、この地図は方位や縮尺が統一されていないので、見づらいこともしばしば。徳島から高知に入ったら縮尺が変わっていたり…。距離が違うことも結構ありました。これに関しては、へんろ道のシールや道標も同じですが…。Googleマップで距離を確認しながら歩いたことも多々あります。

そこでお勧めされたのが英語版の地図です。結願した日の宿で見せていただいたので手遅れでしたが…。「Shikoku Japan 88 Route Guide」という地図。方位も縮尺も統一されています。「地図は上が北だ!」という認識の人が多いと思うので、これはその面で非常に見やすいです。地名や峠は日本語の記載がされていて、困らないと思います。大きさもコンパクトで持ち運びもしやすい。私は、遍路用品の白い「山谷袋」(ズタ袋といわれるもの)を持たず、地図はザックのサイドポケットに丸めて入れていたので、その点は黄色の地図の方が柔らかくて扱いやすかったのですが。迷ったらGoogleで確認すればいいのですが、地図としての見やすさや方位、縮尺を優先するのであれば英語版をお勧めします。

計画

・出発前は、3日目くらいまでの宿泊場所をなんとなく考えていました。身体が慣れていない歩き初めからガツガツ行かないよう無理のない範囲で。実際に歩き始めると、考えていた日程とは全く違うものになることが多々あるので、宿を予約する場合も2,3日先くらいまでに留めた方がいいです。いろいろな情報を聞き、予約を全てキャンセルして日程変更している方もいらっしゃいました。私は基本的に前日に宿の予約をしていました。ただ、宿の少ない区間、途中に1軒しかないような場所もあるので、そういう場合は少し早めに予約をした方がいいです。

・「野宿場所」の確認もしていました。実際に野宿で歩かれた方のブログなどを参考に、どこが野宿OKでどこがNGなのかを確認しました。へんろ道だからどこでも良いというわけではありません。へんろ小屋も全て宿泊できるわけではありません。四国は無料のキャンプ場も多いので、Googleでキャンプ場の確認もしました。地図に記載の無い、新しいへんろ宿やゲストハウスも結構あったので、現地でも最新情報を確認しながら寝床を決めていました。

・その他は、事前に寄り道したい場所に関しての情報を確認していました。

しっかり計画しても大体違う日程で進んで行くので、あまり考え過ぎない方がいいと思います。そのときの直感や地元の方の話を聞いて自由に旅をするのが面白いと思います。

持ち物

【大型品】
ザック:if you have「hug」(37L)
:サロモン「XA PRO 3D GTX」
テント:モンベル「UL ドームシェルター1型」
寝袋:モンベル「ダウンハガー800 ハーフレングス #3」
※収納袋はモンベル「コンプレッションスタッフバックS」
マット:サーマレスト「Zライトソルスモール」
テントのインナーシート:SOL「エスオーエル エマージェンシーブランケット」
 
衣類】
■Tシャツ2枚(化繊1、ウール1)
■パンツ2枚(薄手)
■アンダーウエア2枚(化繊1、ウール1)
■ウールタイツ(薄手)
■靴下2枚(Tabioレーシングラン5本指ソックス)
■スポーツブラ2枚(化繊)
■ショーツ3枚+サニタリーショーツ1枚(全て化繊)
■化繊中綿ジャケット
■ウィンドシェル
■リラックス着(化繊の長袖とブラトップ、ポケッタブルスカート、靴下)
■レインウェア:モンベル「トレントフライヤージャケット」「バーサライトパンツ」
■化繊腹巻1枚:防寒用
■手拭2枚
■手袋(秋冬用)
 

※手拭いは結局1枚しか使いませんでした。

※リラックス着は減らすこともできましたが、快適に過ごしたかったので少しプラスで持って行きました。

※腹巻は軽くて嵩張らない防寒アイテム。体幹を温めるだけでも違います。女性は生理中にお腹を温めるアイテムとしてもおすすめ。

※防寒着は行動中に着られるように、また気軽に洗濯できるように化繊を選択。歩き始めはまだ暑かったので、最後の方で少し使用した程度でした。大都市にはモンベルやユニクロがあるので、寒ければ買い足せばいいやと。

※レインウェアは大きめの防水袋にまとめて収納。スタッフバッグなるべく少なくした方が管理しやすいです。

※靴下は、山用と見ると薄手。半分を過ぎた頃に踵に穴が空きました。他のロングトレイルで厚手を持って行き、乾きが悪かったので今回は乾きやすさを優先。基本、洗濯機のみで乾燥機は数回しか使用しませんでした。穴あきは想定内で繕いながら最後まで使用。クッション性は劣ります。

【火器・クッカー類】
■エスビットポケットストーブ
■固形燃料(旅館などで使われる青いやつ)
■ライター1個、マッチ1箱
■風防:VARGO「アルミ二ウムウィンドスクリーン T-422」
■メスティン(スモール)
■シェラカップ(420ml)
■ナイフ:オピネル#8
■スポーク
■折り畳みのお皿1枚:Fozzils
■ハイドラパック2L(ソフトボトル)
■コーヒーミル:ポーレックスミルミニ
■ドリッパー:ユニフレーム
■カップ
■フィルター40枚
■珈琲豆用ボトル
■珈琲豆(現地調達)

※燃料は、無くなりそうになったらAmazonを利用し、ローソンで受け取る方法を考えていました。四国全体でローソンが多かった印象です。

※OD缶、CB缶は指定の捨て方があり、アルコール燃料は漏れが心配、かつ空いたボトルのゴミ問題もやはりあるので固形燃料にしました。手に入りやすいのはCB缶で、野宿の方もよく使用していますがゴミをどうしているのか。使い切って空き缶のところに捨てているという野宿者がいましたが、これはNGです。コロナ自粛中も、ゴミ収集車の爆発事故が何度かニュースになっていました。HP上や現場で旅の途中で出たガスボンベを空き缶のゴミ箱に捨てないで下さい」と訴えている道の駅もあるくらいです。

洗面用具など日用品
■歯ブラシ、歯磨き粉
■フロス
■純石鹸:顔、身体、洗濯など
■シャンプー、リンス:ともに50ml   
■化粧水:50ml以下。結果70〜80ml使用
■カミソリ:ホテルのアメニティ(必要最低限の機能)
■毛抜き
■鏡
■くし
■目薬:日焼け用(高知は海沿いが厳しい!)
■ハッカ油:消臭、虫除け
■日焼け止め:お湯で流せるもの
■ワセリン:手、口の保湿、靴擦れ防止など
■マスク
■生理用品
※洗面用具はモンベルの「トラベルキットパックM」に。フックが付いていて吊るすことができるので、使い勝手抜群です。  

※シャボン玉石鹸は普段洗顔で使用している純石鹸です。石鹸素材100%で、顔、身体はもちろん洗濯もできます。

※シャンプー、リンスは30mlくらいで良かったなと。銭湯は置いていないところがほとんどですが、販売しているので持たなくても困りません。短髪の男性は石鹸で洗っている方も多かったです。純石鹸であれば全身洗えるので便利です。

※ワセリンはハンドクリームやリップクリームなどを別々にする必要がないのでおすすめです。マメ防止や怪我の保護膜などにも使用でき非常に万能です。

※一週間コンビニも何もない!なんていう場所はないので、最低限の量を持って買い足しながら歩けば大丈夫です。

 
【救急セット、リペア用品】
■豆パッド、絆創膏
■ガーゼ
■ムヒアルファEX
■テーピング
■裁縫セット(針、糸、安全ピン)
■常備薬
■爪切り
■クリップ1個
■アクセサリーコード:2㎜5m
■ダクトテープを巻きつけたペン
■リペアシート

 
【小物類】
■ヘッドランプ
■電池(予備含め6本)
■ソーラーパフ
■予備バッテリー:20000mA
■充電ケーブル(スマホ用、バッテリー用)
■三脚:JOBY 卓上ミニ三脚 ゴリラポット スマホ用
■サングラス
■トイレットペーパー:モンベル「OD ロールペーパー」
■ウェットティッシュ
■洗濯ばさみ3つ
■ビニール袋4枚(洗濯物入れ、買い物用、予備)
■レインカバー
■折りたたみ傘
■ゴミ袋:モンベル「OD ガベッジバッグ」
■イヤホン
■サバイバルナイフ
■エコバッグ:モンベル「UL MONOショルダーM」
■日記用のノート、ペン

※洗濯ばさみには、輪っかを作った紐をつけてザックに吊るせるようにしました。靴下を手洗いしたときなど、翌日乾かしながら移動。

※ビニール袋は有料なので、スーパーでいただける薄いビニールをギャベッジバッグに入れて使用していました。果物の皮や珈琲の粉など、水分の出るゴミにも安心。

上下にバックルがあるので、ブラブラ揺れないようにしっかりと取り付けられます。

【お遍路用品】
■地図
■納経帳
■菅笠
■納め札

※サコッシュはロウロウマウンテンワークスのナッツパック。

【途中で送り返したもの】
サングラス:高知県を過ぎてから
絵描きセット:日が短く、描く時間がなかったので
メスティン:半分を過ぎてもう使わないと判断
本:読む時間がなかった
予備バッテリー:10000mA
ペグ:2本のみ残して返送
1Lボトル:500mlのペットボトルに変更

途中で手放したもの
調味料:塩、胡椒、オリーブオイル、醤油、コンソメ顆粒

炊き込みご飯を中心に自炊をしようとしていましたが、日が暮れるのが早く、日記を優先していたら忙しかったので途中でやめました。お米も持ち運びに丁度良いサイズが中々手に入らなかったので…。道の駅も多いし、せっかくなので美味しいものを食べていました。

お金・カード類

ホテルではクレジット支払いが可能ですが、民宿では対応していないところも多々あります。3万円くらいは現金を持ち歩くようにしていました。

初めはゆうちょの口座を作ろうと思っていましたが、コンビニが結構あるのでやめました。今はネット銀行も充実していて、貯金額いくら以上でATM無料とか、月10回まで無料とか様々なので、ゆうちょ以外の選択肢も多いと思います。

go toキャンペーンを利用する場合は、身分証明書が必要になります。私は免許証も持ち歩きましたが、使わないから置いてきたという方もいました。健康保険証だけでは不十分で、ちょっと面倒なことになっている人もいたので、今後go toキャンペーンが再開されるようでしたら免許証、あるいはマイナンバーカードを持ち歩いた方がいいです。

最後に

お遍路では、歩いている人に会うと「何日目ですか?」とか「いつから歩き始めましたか?」という会話がよくあります。その度に「一日早い」とか「一日遅い」とか、いちいち気にする方が非常に多かったのが印象的でした。私は気にしていなかったので「10月20日から歩いています。」とか「2週間くらい経ちました。」とか答えていました。スペインの巡礼路を歩いたときは、そのような会話は皆無。ごくたまに「いつ出発したのか」を聞かれたくらいです。なので、そこは日本と海外の違いだと思いました。何かときっちりとこなしたい日本人。今日はどこまで歩くのか、「ノルマをこなす」ことが先立っています。逆に、野宿で歩かれている方は気持ちが良いほど「自由」でした。どこまで行くのかは自分もわからない。寝床もわからない。民家のある場所で、ここまで自由に放浪できるのは四国ならではだと思います。

高知で泊まった遍路宿のご主人が「以前イギリスの女性が泊まったとき、日本人は何であんなにお寺を急いで回るのか理解できない。お参りしたら次!次!と、さっさと行ってしまう。お寺を回ることが一番の目的になっている。それよりも、本堂で手を合わせて、リスペクトして、心を静かにしたときに内面で感じるものをしっかり受け取ることが大事ではないかと言っていました。」と話してくれました。

この宿に泊まる以前にお世話になった遍路宿のご主人は「お寺でゆっくりする時間を大切にしてほしい。作法よりも、空気とか雰囲気とかを感じてほしい」とお話してくださいました。まさに、イギリスの女性が語ったことだと思いました。

誰と競争している訳でもありません。私自身、歩き終えたあとに、もう少しゆっくり歩けばよかったなと思った場所がたくさんありました。それほど、お寺も街も自然も素敵な場所がたくさんあります。時間が許すのであれば、たくさん寄り道をして、たくさんぼーっとしながら歩いてほしいと思います。とは言っても、歩く目的は様々なので、せめて、お寺の時間と人との出会いだけでも大切にしていただきたいと思います。

これから、1日ずつ丁寧に投稿していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ
にほんブログ村

応援よろしくお願い致します。

コメント

Copied title and URL