花盛りの至仏山

北 関 東 • 甲 信 越

2022.7.1(金)
天気:朝靄→晴れ☀︎
気温:15℃前後
風:北西 5〜6m/s

歩き人たかちです。

山小屋生活最後のお休みは至仏山へ。7月1日は至仏山の開山日であり、休みの被った他の小屋の人と一緒に登りました。花の百名山としても人気の至仏山はまさに花盛り。早い梅雨明けの山日和、彩り豊かな至仏山を見晴からぐるりと一周。

  行程
ーーーーーー
見晴ー竜宮ー牛首ー山の鼻ー高天原ー▲至仏山ー▲小至仏山ーオヤマ沢田代ー鳩待峠ー山の鼻ー牛首ーヨッピ吊橋ー東電小屋ー見晴

▲コースタイム:10時間35分
▲歩行距離:21.7km
▲累積標高差:登り下り約960m

気がつけば、白い虹。見晴ー山の鼻

*見晴ー竜宮ー牛首ー山の鼻:CT1時間50分*

4時30分出発。梅雨が明け、どんより感のないすっきりとした朝靄が続いていましたが、今朝の至仏山方面は真っ白。燧ヶ岳は晴れていましたが、自分たちが徐々に朝靄の中に入り込み、やがて見えなくなりました。天気予報の晴れマークを信じて木道を歩く。

空には薄いブルーが見えたり消えたり。朝靄のミストを浴び、肌を少し濡らしながら。アームカバーを下ろしていると少し肌寒い。

梅雨明けの暑さは尾瀬でも例外ではなく、日陰のない木道歩きは溶けてしまいそう。涼しいうちに至仏山の急登に取りかかろうと出発しました。

山の鼻までに晴れるだろうか・・・若干の不安と、大丈夫だという自信を織り交ぜながら。

竜宮を過ぎ牛首へ。至仏山が見えた!

時計をチラチラ見ながら歩いていると、牛首の少し手前で、背後からポワーッと柔らかい光が靄の中に。

晴れる☀︎晴れる☀︎と喜んでいると・・・

「え?あれって白い虹・・・?」とSさん。

近すぎてスマホのカメラで半分しか収まらなかったけど、靄の中を太陽の光がズバーッと抜け、前方には大きな大きな白い虹。

「白い虹を見るなら竜宮まで行かないと難しい」と言われ、時間的にも休みじゃないと見に行くことはできなかったため、声を上げて驚きと喜び。

木道から落ちないように見上げながら歩いていると、いつの間にか虹の下をくぐっていました。

最後の最後に見ることができた。「七色の方が綺麗だよ」と言われたけど、シンプルな白一色も素敵です。

また少し景色を変えた湿原は帰りにゆっくり見るとして、満足気に山の鼻へ。6時前に到着して朝ごはんタイム。

至仏山は、山の鼻から山頂までの道は一方通行になっており、登り利用のみ。蛇紋岩に咲き乱れるお花畑を見るために、鳩待峠から一周する人が多いです。

6時頃の山の鼻は、前泊組と鳩待峠を朝一に出発した人たちがちらほら。至仏山荘ではちょうど朝食の時間でした。

「今日は混むよ〜渋滞するかもよ〜」と言われましたが、この時点ではそうでもなさそう。昨日握った大きめのおにぎりを頬張り、6時半、いざ、花の百名山へ。

夏、花、真っ盛り。山の鼻ー至仏山

*山の鼻ー高天ヶ原ー至仏山:CT3時間*

山の鼻から尾瀬植物研究見本園の中へ。吸い込まれるように至仏山の樹林帯へ歩いていきます。

土と木道を経て、だんだん石やら岩の道へ。クマザサの中をぐんぐん登る。風のない樹林帯は蒸し暑く、7時前から容赦なく汗が噴き出す。

道はやがて蛇紋岩中心に。この岩がツルツル滑る。乾いていてもスベスベしていて滑りやすいですが、雨に濡れると特にツルッツル。

至仏山の森林限界は低く、1,700mあたり。視界が広がるのも割と早く、振り返ると尾瀬ヶ原の姿が大きくなっていく。なんだかぼや〜っとした空気感で、尾瀬ヶ原は薄いベールに包まれているようでした。

滑りやすいところには鎖も。

大文字草。花が「大」の形をしていて、赤と黄色がかわいいお花。結構いろいろなところに咲いていて、槍ヶ岳の西鎌尾根など、険しい環境にも咲いていました。湿気った岩上を好む花。

ハクサンコザクラ。他の山に比べるとちょっと小ぶりで、ハクサンコザクラではない?と思いましたが、ハクサンコザクラとのこと。生育環境によって大きさや色味が微妙に異なりますが、至仏山のはミニマムでより愛らしい。蛇紋岩ロードに群生しています。

至仏山までの道のりは割と急登続き。ひたすら登っていく中に、ベンチは2箇所あります。

山頂がグレーの雲に覆われはじめた。太陽が遮られ涼しいものの、もしかして予報程晴れない・・・?と、ちょっと不安に。

休憩していたら日光澤温泉から入り、燧ヶ岳と至仏山を経て鳩待峠まで、という70歳のご夫婦にお会いしました。2泊3日、テントを担いで。とても明るいお二人で、「いや~もう、疲れちゃって」と言っていましたが、しっかりした足取り。こんな風に歳を取りたいな~と思う人が、山にはたくさんいます。

昨日は山の鼻のテント場に泊まったとのことでしたが、「もう、アブとブヨがすっごくて、ゆっくりなんてできやしない!テントはもう寝るだけ!」と。私自身も刺されまくっていますが、まだトンボもちょろちょろ出だしたくらいで、この時期のテント泊はどこも痒い虫と格闘。刺さなければ放っておくのになあ。

蛇紋岩から階段へ。はじめはちょっとガタガタ。

チングルマ。見頃がまだあった。

クモイイカリソウ

ハクサンシャクナゲ。燧ヶ岳をバックに…と思いましたが、肉眼でもうすーい感じで写らない。

 

ホソバヒナウスユキソウ、いわゆる"エーデルワイス"。高天原周辺からわんさか咲いています。

ムラサキタカネアオヤギソウ

階段は徐々に綺麗に、歩きやすくなります。天空の散歩道。下りたいけど下れない。

2箇所目の休憩テラスを通過。

最後にちょっとだけ雪渓歩き。

そして、山頂に到着◎

到着時はまだグレーの雲に覆われ、新潟側の景色が見えませんでした。時間はたっぷりあるので、のんびりと晴れ待ち。

その間にどんどん人が登ってくる。反対側からの人は意外に少なかったです。花を見るなら周回が楽しいし、森林限界からの登りはとてもいい。

 

 

30分くらいすると、厚めの雲は消えて青空に。開山日にふさわしい山日和。残雪の山並みが素敵だなあ。

尾瀬ヶ原側のベールもなくなり、燧ヶ岳もくっきりしました。

↓至仏山より↓

1時間程各々好きなように過ごし、小至仏山へ。

尾瀬草を探して。至仏山-鳩待峠

*至仏山-小至仏山-オヤマ沢田代-鳩待峠:CT2時間5分*

人も多くなってきて、そろそろいきますか~と腰を上げる。

至仏山から小至仏山までは稜線歩きとなりますが、この稜線、とっても好き。

ハイマツの花。この赤いのは実だと思っていたのですが、花だということを今更知りました。見た目だけで判断できないな~と、自然の奥深さを知る。

ベニサラサドウダン

「ドウダン」の漢字は「満天星」。なんと素敵な!と思いました。サラサドウダンがブワーっと咲いていたり、地面に散らばっている様子は、星が散りばめられているような美しさがあります。そんな意味ではないのですが、漢字がしっくりくるなあと。

この稜線にもエーデルワイスが咲き乱れています。ウスユキソウを見つけるとつい触ってしまうのですが、エーデルワイスはウスユキソウの中でも特にふわっふわっ。フェルトをもう少し柔らかくしたような触り心地で癖になる。

歩くのが、もう、楽しい!

至仏山方面。

小至仏山に到着。秋のオレンジ色に染まった尾瀬ヶ原もよかったですが、初夏のグリーンもやっぱりいい。

30ほどのんびり休憩しつつ、鳩待峠から見晴へ戻らなければならないので、ぼちぼち小至仏山ともお別れ。

木道の階段を下って行きます。この間にもお花はたくさん。

青空に喜ぶハクサンイチゲ。

尾瀬草はどこにあるのかな~と探しながら歩く。「地味な花だからよく見て歩きな〜」と言われました。

すると、前を歩く人が一生懸命写真を撮っていて、それが、まさに尾瀬草でした。「あ!尾瀬草ですか!?」と、すかさず。

確かに見逃してしまいそうな、草のような見た目で、白い小さな小さな花が咲いています。

尾瀬草は"氷河期の生き残り"と言われ、至仏山と谷川岳にしか咲いていない貴重な花。人知を超えた何月を生き抜くには、シンプルな姿が一番なのだろうと思う。

自分で見つけたわけではないけど、無事に尾瀬草を見ることができて悔いはない。下りにもちょっとだけ雪渓。

オヤマ沢田代。この先樹林帯に突入していきます。

こちら側の道は緩やかな傾斜で、単調な道。この日、土は乾いており、ドロドロも全くない。

気温が上がっていく。

昼寝したい大きめの岩。最後の展望ポイント。

暑い!暑い!と言いながら鳩待峠に到着しました。

鳩待山荘でお決まりの花豆ソフトを食べ、1時間程日陰で休憩。ここから私は尾瀬ヶ原へ、一緒に登ったS さんはアヤメ平経由で見晴へ戻ります。

ちょっと寄り道。鳩待峠-見晴

*鳩待峠-牛首分岐-ヨッピ吊橋-東電小屋-見晴:CT3時間30分*

Sさんと別れ、山の鼻まで一気に下る。

一週間前にアヤメ平で通ったときは、まだワタスゲがちょろちょろでしたが、結構増えていました。ワタスゲの白にカキツバタの紫が混ざり、この時期はとても上品な湿原になります。

見晴周辺では遠くに咲いていましたが、山の鼻の方では木道脇にたくさん。

小屋の奥さんは「この時期が一番綺麗でいいんだよ~」と言っていましたが、私もこの時期が一番好き。秋もすっごくいいけど、真夏まではいかない、成長途中の緑が愛おしくて、優しい初夏の尾瀬。閑散期なのが不思議なんだよなあ。

ヒツジグサも増えてきた。

逆さ燧は今日も見られず。

牛首分岐からは真っ直ぐ帰らず、ヨッピ吊橋の方へ。東電小屋の方は散歩でよく歩きますが、時間的にヨッピ吊橋から竜宮へ向かってしまうので、この区間は山小屋生活中初めて歩きました。

ニッコウキスゲが出番待ち。この辺りは防鹿柵で囲われているので、蕾がたっぷり。2年前に歩きに来ましたが、ここと大江湿原はとても綺麗です。

また、牛首からヨッピ吊橋の間にある池塘が好きなのです。

夏だあ・・・

こちらでプチ逆さ燧。

東電小屋の方もワタスゲが増えた増えた。

東電小屋もポツンとしていて、いいですね。

トキソウもたくさん咲き始めています。ラン科の花で、上品なお嬢さんのようで素敵です。薄いピンクの花びらに、濃い目のピンクの筋がスッと入っていて、フォルムも綺麗。サワランも混ざって咲いています。

正面から。東電分岐の辺りもたくさん咲いていました。

いつもの散歩道を戻り、見晴に帰ってきました。今日は本当に最高の山日和。燧ヶ岳と悩みましたが、至仏山で花を見るなら開山日とともに登る勢いがいい。何もかも見頃でした。

尾瀬の生活も残り2日。せっかくなので、尾瀬小屋で夕飯をいただきました。アイスクリームは2回食べましたが、ごはんメニューは休みの日でないと食べられないので。ずーっと気になっていた。

ポルチーニ茸とトリュフ風味のボロネーゼパスタ

鹿肉を使用したジビエパスタ。麺はモチモチ、ソースは濃厚。程よくかかっているチーズがこれまた美味い。パンも付いて、めちゃくちゃ美味しかったです◎

他の山小屋のアルバイトさんも、ちょこちょこ食べに行っていました。こんなレストランメニューがあったら食べたくなりますね。

仕事の日は滅多に見られない夕焼けを。今日は雲が一段と芸術的。

木道に出ると、小さな虫が顔の周りを飛びまくり。うっかりしていると写真にまで写り込んできて非常に厄介ですが、移りゆく美しい瞬間を見逃すまいと、手をブンブン振り回しながらの鑑賞。足もたぶん、また刺されてる。

虫が邪魔過ぎて、諦めて小屋へ帰る人もいましたが、今日も最後まで見届けました。

ここにいるからこその景色。いい一日だった。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

よろしければ、応援よろしくお願い致します。

コメント

Copied title and URL