5本指で大地を踏む。TABIO SPORTS「レーシングラン5本指ソックス」

山 の 道 具
Processed with Rookie Cam

歩き人たかちです。

長期ロングトレイルで愛用している5本指の靴下

今回は、1200km超ともに歩いた「TABIO SPORTS レーシングラン 5本指ソックス」をご紹介します。

カジュアルな「靴下屋」のイメージが強くあまり調べていなかったのですが、想像以上に良かったです。

TABIO SPORTSとは?

靴下の老舗メーカーである「タビオ株式会社」。ここには「靴下屋」「Tabio」など8つのブランドがあります。「TABIO SPORTS」もその1つで、ランニングをメインにしたラインナップを揃えています。

普通のランニングからトレイルランニングまで、幅広く愛されているTABIO SPORTSの靴下。今回、お遍路を歩くにあたって改めて5本指靴下を探し、これに辿り着きました。

5本指のいいところ

5本指靴下のメリットは以下の点。

  • 蒸れにくい
  • マメができにくい
  • 指の感覚が鋭い(力を入れやすい)

アウトドアをする上で重視したいのは「蒸れにくい」こと。

脇などと同じように汗腺の多い足はかなり汗をかきます。筒形の靴下だと指の間に生じた汗をうまく吸収できませんが、5本指靴下ならしっかり吸収。

靴擦れやマメは、汗や湿気で柔らかくなった皮膚が靴や靴下と擦れ合うことで生じます。なので、足をドライに保つことはマメ予防には必須。5本指は隙間の汗もしっかり吸収し、高温多湿にならないよう快適に保ちます。

また、指を独立させて動かせるので、筒形だとまとまってしまう小指や薬指もしっかり可動。つまり、踏ん張りが効きます。走る場合は特に、一本一本の指の感覚が重要になると思います。足裏感覚が強く、大地をしっかり踏みしめられることが大きなメリット。

*筒形と5本指どちらが温かいか

筒形の方が中の空気量が多くなるので、保温力は高いと言われています。 

TABIO SPORTSを選んだ理由

画像出典:TABIO SPORTS

登山用でも5本指のラインナップは少なからずあります。しかし、TABIO SPORTSにした大きな理由は2つ。

◾︎ サイズ
◾︎ 滑り止め

小さい足にも嬉しいラインナップ

平均的な足のサイズであれば、他のブランドも選択肢として入りますが、自分は身長のみならず足も小さい。22㎝ちょっと。これはかなり選択肢が限られます。

靴下は実寸に合わせ、ピッタリのサイズを選びます。生地が余ってしまうと余りの生地が皮膚と擦れ、靴擦れやマメの原因となります。きつすぎると血行を悪くしてしまうので、実寸よりも小さいサイズはおすすめしません。

TABIOのレーシングランのレディースは一番小さいサイズが「21~23㎝」。ちょうどこの中間で余りなくピッタリ。

検討する上で「injinji」も考えました。

画像出典:mountain-products.com

女性用もありますが、サイズが「XS/S 21.5~25.0」というサイズ。

21.5~25ってすごい幅広くないか…?経験上あまり良い印象ではありません。

男女兼用「22~24」というものでも、24の人まで履けるので、実際に履くと22に近い自分の足には余りがでます。「injinji」は合わない可能性が高いのでやめました。アウトドアショップで見ても、やはり合わなさそう…

しかし、アウトドアの5本指靴下としてはかなり高評価。サイズが合えばinjinjiも試してみたいです。

mountain-products.com / Brands - MOUNTAINPRODUCT

足裏の滑り止め

画像出典:TABIO SPORTS

この靴下の特徴の1つは足裏の「滑り止め」

走ることを想定しているので、滑り止めのグリップ力は強め。登山用でここまで滑り止めが強いものは、今のところ見たことがありません。

登山では、靴の中で足が動かないように靴下を履いてピッタリしっくりな靴を選びます。靴ひもをしっかり締めて動かないように…とやりますが、1㎜も動かないというのは物理的に無理。むくみが取れてきたり、靴紐が少し緩んだりすると動きを感じます。

実際に履いて、レーシングランのグリップ力には驚きました。10㎏くらいの荷物を背負って歩いてもしっかりグリップ。靴の中でしっかり止っているのがよくわかる。

中敷きが多少滑るような素材だったとしても、これならしっかり止まります。

基本的な機能

画像出典:TABIO SPORTS

レーシングランの基本的な機能。小さな靴下にいろいろ詰まっています。

【アーチサポート機能】
土踏まず部分を効果的に押し上げることで、疲れにくく快適な走りをサポート

【立体製法】
足の形に合わせた立体製法でフィット感抜群。母指球から小指球にかけてふくらみをもたせ、ズレにくく、快適な着用感。指先を立体に編みたてることでしっかりフィットさせ、指先へのストレスも軽減。従来の5本指ソックスよりも着用しやすく、さらに破れにくい効果も。

【Yヒール】
かかと面積を大きくすることで足にフィットし、安定した履き心地を実現。

【メッシュ】
指の付け根の甲の部分がメッシュ素材。通気性が良く、不快なムレ感を軽減。

【滑り止め加工】
柔らかくグリップ性の高いシリコンラバーを使用。靴の中の滑りを防ぎランニングの集中力を高める。

【消臭・吸水速乾】
消臭機能に優れたデオセル(R)と吸水速乾機能を備えたポリエステル繊維を使用。汗によるムレや臭いを軽減。

つま先とかかと部分にコーデュラナイロンという通常のナイロンの7倍の強度のある繊維を使用しているため、普通のレーシングタイプのソックスに比べて耐久性が高いのが特徴。

画像出典:TABIO SPORTS

レーシングラン以外にもラインナップは様々。レーシングランはオールマイティで初めの一足にちょうどいいと思います。

丈が長いものもあるので、ミドルカットならそちらを。

実際に使用してみて

生地の厚さ

HPでは「中厚手」ですが、登山用と比べると「薄手」の類。普通の靴下よりも多少厚いくらいです。

長く歩く場合、疲労軽減のために「クッション性」も必要なので、登山やトレイルハイクで使うには薄いと感じると思います。私は、中敷きでクッション性を多少上げているので、この薄さでもいいかなと思い購入しました。

アーチサポート機能

履いたときに感じたのは、「サポート機能の締め付け感が絶妙でありちょうどいい」

きつすぎず、緩すぎず、土踏まずをキュッと包み込まれている感じ。しかし、普通の靴下に比べてストレッチ性が少ないので、ちょっとキツイと感じる人もいると思います。

足の形や甲の厚さは人それぞれなので、感じ方も人それぞれではありますが、自分にはピッタリフィット。

アーチのサポート感が強く、足が自然と前に出るような感覚。

耐久性

この靴下を履いて1200km超、一足で約600km。かかとは300km弱歩いた時点で破れが生じました。厚さから考えてもこれは想定内。繕って最後まで使いました。

また、歩く癖によって破れる箇所は変わります。スピードハイクや走る場合は指に体重をかけることが多いので、踵よりも指に穴が空きやすくなります。

指先に関しては破れなし。ほつれすらほとんど出ませんでした。今まで大体指先が破れていましたが、この部分の耐久性に関しては高いと思います。甲のメッシュ素材の部分も破れなし。

アーチサポートの部分は、新品時のキュッと締められる感覚は少なくなりました。しかし、ビロビロに伸びることはなく、普通の靴下よりもちょっとキュッとしている感じ。

ただ、生地が少し硬くなりました。綿は洗濯を繰り返すと生地が硬くなるので、これも多少関係していると思います。(44%綿が入っています。)

履き口の緩みは特にありません。今でもぴったりフィット。

足裏のグリップも健在。剥がれはありません。

蒸れ感

画像出典:TABIO SPORTS

甲の部分がメッシュになっていることもあり、蒸れ感は気になりませんでした。筒形と比べても断然快適。

臭い

消臭機能は付いていますが、だんだん衰えてきます。特別優れているという感覚は特にありません。一般的なアウトドア製品と同じくらい。

化繊の消臭機能にはどうしても限界があるので、天然素材のウールのようにはいかない。なので、特に気にしていません。

乾きやすさ

レーシングランの素材の構成は以下。

◾︎綿 44%
◾︎ポリエステル 35%
◾︎再生繊維(デオセル) 13%
◾︎ナイロン 7%
◾︎ポリウレタン 1%

綿が半分くらい使用されているので、化繊100%のものよりは多少乾きづらさがありました。

ロングトレイルでは乾かなければ、干しながら歩くので問題ありませんが、寒い時期はより乾きにくいと思います。

特に気にはならないけれど・・・

5本指のデメリットは「履きづらい」ということ。レーシングランの場合土踏まずの部分がキュッとしているので、通常の5本指靴下よりもグッ、グッと履く感じ。

少し履きづらいと感じる人もいると思いますが、5本指ならどれも同じかなと。

また、筒形に比べて5本指は生地面積が多くなります。今回は薄手とほぼ同じ厚さだったこともあり、自分は何も感じませんでしたが、人によっては靴がきつく感じることもあります。厚手の5本指靴下を選ぶときは特に注意。できれば一度試したほうがいいです。

靴下の豆知識

靴下の履き口の部分には多くの場合、ずり下がり防止のために「ポリウレタンのゴム」が使用されています。ポリウレタンは長い時間水を含んでいると加水分解が進み劣化します。なので、干すときは履き口を洗濯バサミに挟んで、水分が早めに下へ抜けるように干すと長持ちします。

また、収納の際は「履き口は折り返さない」ことが長持ちのコツ。ゴムが伸びてしまうので、重ねるだけがおすすめ。

折ると伸びやすい。

愛用の名品。モンベル「KAMICO」

モンベルには「KAMICOソックス」というものがあります。特別アウトドア使用ではありませんが、普段履きの靴下として個人的にとてもおすすめの愛用品。名品。

「紙糸プラス」という、マニラ麻を原料として紙状にした素材を細長く切り、撚りをかけてつくった糸でつくった素材。紙の素材です。

普段着のウェアも出ていますが、1番のおすすめが靴下。

少しザラっとした触り心地で、夏は本当に快適です。

通気性がよく蒸れにくい、乾きやすい素材で、ポリエステルよりも早く乾くことも。紙だと耐久性を疑いますが、結構強い。※素材の感触は好き嫌いあるかもしれません。

汗で湿気る感じが圧倒的に少なく、圧倒的にドライ。夏はKAMICOソックスばかり履いています。冬の乾燥する時期は、乾燥肌だとちょっとカサカサしてしまうかもしれません。

水はけが良いので、沢登り用の靴下にも使われています。

汗をかいてもサラサラ。べたつきなし。ポリエステルよりも断然ドライ。

筒形のものもありますが、5本指を愛用しています。

夏にお試しあれ。

まとめ

グリップ力、フィット感、蒸れ感が特に優れていて、「走るアウトドア」をする人には本当におすすめです。

薄い割に耐久性もあり、ロングトレイルやハイクにはリピートしようと思います。

もちろん、アウトドアだけではなく、普段履きにも◎。立ち仕事をする方には特にいいと思います。私自身もそうでしたが、立ち仕事では靴下一足、靴一足がすごく大事。少しでもサポート感があると、疲労軽減になります。

レーシングラン5本指にはメリノウール素材もあります。本当はウールが欲しかったのですがサイズがありませんでした。山やロングトレイルで使用する場合、ウールは臭いが抑えられて肌触りも良く、吸湿性も良いのでおすすめです。

会員登録(年会費無料)をすると、メール便に入るサイズまで送料無料です。現在は送料無料キャンペーン開催中で、会員は全て送料無料!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
にほんブログ村

よろしければ、応援よろしくお願い致します。

コメント

Copied title and URL